おすすめの人気機種 65インチ 液晶テレビ

最新 65インチ 液晶テレビ 2020年-売れ筋ランキングトップ10

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.BRAVIA KJ-65X9500H(SONY:HP
 2020年5月 27-30万価格比較
2.VIERA TH-65HX950(パナソニック:HP
 2020年8月 27-30万価格比較
3.REGZA 65M540X(東芝:HP
 2020年4月 13-15万価格比較
4.65U8F(ハイセンス:HP
 2020年5月 13-15万価格比較
5.BRAVIA KJ-65X8000H(SONY:HP
 2020年4月 15-18万価格比較
6.65U7F(ハイセンス:HP
 2020年5月 10-12万価格比較
7.BRAVIA KJ-65X8550H(SONY:HP
 2020年6月 20-22万価格比較
8.65S6E(ハイセンス:HP
 2020年2月 8-10万価格比較
9.65UB10P(アイリスオーヤマ:HP
 2020年7月 7-9万価格比較
10.65NANO91JNA(LG電子:HP
 2020年6月 15-17万価格比較

リンク:各インチごとの液晶テレビ・有機ELテレビ

◆ 液晶テレビ  : 19型 22/24型 32型 40型 43型 49/50型 55型 65型 75型

◆ 有機ELテレビ : 55型 65型以上

<選び方> ⇒ テレビの選び方と比較ポイント

65インチ液晶テレビの選び方

液晶テレビを選ぶ時、一つ知っていた方が良いことがあります。
それは、「 国産品にこだわらないこと 」です。
日本メーカーの商品を見ても、 液晶パネルはほぼ100%海外製 です。
日本メーカーも数社開発はしていますが、量産にはコストが合わず生産は海外です。

逆に海外は技術を高めかなり良い製品を作り始めています。
価格は安いし、品質は高い。
かつての日本の製品のようです。

逆に、日本製の良いところは、 映像エンジン です。
映像エンジンとは、画像を映し出す電子部品やプログラム全部を指します。
好みもあるようで、海外メーカーは日本メーカーと共同開発して 日本人好みの映像 にしているようです。

それぞれの強みを生かした製品を選ぶことで、安く高品質の液晶テレビが買えます。
そんなことも意識しながら、以下の各製品もご覧になってください。

おすすめ人気 65インチ 液晶テレビ:ピックアップ&レビュー

BRAVIA KJ-65X9500H(SONY)

ソニーのブラビアは 製品ラインナップが豊富 です。
65インチ液晶だと、9500H、8550H、8500H、8000Hシリーズと4タイプもあります。
9500Hは最上位機種 となり、他でできることは全部できます。
9500Hだけの機能の違いをレビューすると、バックライトであるLEDの角度を工夫して 画面を明るく してあったり、 場所ごとに明るさを調節 して見やすくする技術が使われています。

映像エンジンの方では、 速い動きも明るくくっきり表示 するようになっています。
その他、音声操作ができる機能が装備されています。

BRAVIA KJ-65X9500H の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

VIERA TH-65HX950(パナソニック)

新しいビエラの一番の売りは、 プレミアム液晶ディスプレイ です。
従来よりもコントラストが高くなっていて、 くっきりと見やすく なっています。

その他、テレビの枠である ベゼルをギリギリまで減らしています
昔の日本は全てのメーカーで必ず樹脂でカバーをして、爪で固定する方法を取っていたので、ベゼルが広かったです。
最近では、両面テープで固定するので枠がほとんどいりません。

こういった思い切りの良さは、しがらみがない海外の方が強く、海外メーカーはいち早くベゼルレス液晶テレビを発売していました。
パナソニックもそれに追いついた形です。

VIERA TH-65HX950 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

REGZA 65M540X(東芝)

レグザと言えば、映像がきれいとか、全チャンネル録画とか、大注目の機能を持っていたのですが、他社も追従してしまったので、群を抜いて素晴らしい機能は目立たなくなってしまいました。

海外メーカーからも定評がある レグザエンジン は、液晶パネルにきれいな映像を映し出してくれますし、おまかせ録画では、「お笑い」などと登録しておくと、 自動で録画 していってくれます。

これだけならば、他社でもあるのですが、 録画した番組を週ごとに番組表 にしてくれます。
これが見たい番組を選ぶ時に選びやすいです。

REGZA 65M540X の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

65U8F(ハイセンス)

ハイセンスの65U8Fは、日本のメーカーが意識しなければならない機種の一つです。
AI(人工知能)がコントラストを自動計算 して 高精細でくっきりした映像 にしてくれます。

2K映像も4K相当までアップコンバートしてきれいな映像にしてくれ、倍速表示で 速い動きもくっきり表示 してくれます。
バックライトも エリアごとに明るさをコントロール
日本のネット動画も目ぼしいところはほとんどに対応しています。

欲しい機能は全部ある、そして 価格が安い
高機能で低価格 、日本の全テレビメーカーがライバル視しないといけない機種です。

65U8F の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

BRAVIA KJ-65X8000H(SONY)

ソニーの液晶テレビのラインナップの内4番目の一番 価格が安いタイプ です。
8000Hの目ぼしい機能としては、 2K映像も4K相当にアップコンバート して、きれいな映像にしてくれる機能、 音のひずみを改善 して良い音にしてくれる機能、それくらいです。

ハイスペックの65X9500Hの実売価格が26万円くらいなのに対して、65X8000Hは15万円くらいとかなり価格は安いです。

使わない機能がたくさんついているよりは、 できるだけ安く買いたいというニーズにマッチ しています。

BRAVIA KJ-65X8000H の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

65U7F(ハイセンス)

ハイセンスの 65U8Fよりも下位のモデル となります。
違いは65U8Fが直下型LEDなのに対して、65U7Fの方は液晶とLEDの間にバックライトブーストフィルムと名付けられた反射板のようなものを入れて、LEDの光を増幅するようになっています。これにより最大限に明るくなるとされています。

少し残念なのは 倍速表示がありません
そのため、スポーツなどの早い動きに少し弱いところも65U8Fとは違います。

ただし、価格は10万円くらいなので、 価格はかなり安い です。
画質や音質にこだわるよりも、普通にテレビ番組が見られればいいという方には、かなり お買い得で おすすめです。

65U7F の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

BRAVIA KJ-65X8550H(SONY)

ブラビアの4タイプあるうちの真ん中のグレードの機種です。
日本人は価格帯が3タイプあると真ん中を選ぶ傾向にあると言われています。
つまり、かなり多くの方が実際に選ぶ機種という事です。

真ん中のタイプは、 倍速表示 があります。
2K映像を4K映像へのアップコンバート、 画面から音が出ているような音響技術 があります。

実売価格が20万円なので、かなり価格は安いですね。

BRAVIA KJ-65X8550H の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

65S6E(ハイセンス)

ハイセンスの65インチ65S6Eは、2020年2月の発売、65U7Fは2020年4月の発売です。
ほとんど 65S6Eと65U7Fは同じ機能 です。
違いはほとんどなくて、カタログを見比べて初めてわかるほどです。
65S6Eは「DTCP-IP」がありません。
著作権の保護形式なので、これの有無で 大きく使い方が変わることはない でしょう。
それだけで価格は9万円、後継機種の65U7Fは11万円。
発売開始はたった2か月しか変わりませんし、 価格が安い方65S6Eの方が良い のかもしれません。

65S6E の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

65UB10P(アイリスオーヤマ)

アイリスオーヤマと言えば、 ジェネリック家電 が有名です。
機能を最小限にして、価格をおさえた家電を次々世に出しています。
この65UB10Pは、2K画質を4K画質にアップコンバートする機能は付いています。

Wチューナーも内蔵 、番組を見ながら裏番組の録画ができます。
直下型のLEDで映像は明るくなっています。
倍速表示などはありませんが、価格は約8万円です。
価格が安いのは魅力 と言えます。

65UB10P の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

65NANO91JNA(LG電子)

LGは韓国メーカーです。
韓国メーカーであっても液晶に関しては、量産を中国にシフトするそうです。
この65NANO91JNAはどのような仕様になっているでしょうか。

有機ELにも使われている映像エンジン を液晶テレビにも使っています。
倍速表示にも対応 しています。
HDRにも対応 していて、コントラストもはっきりしてあります。

映像も音もハイスペック で、日本メーカーならばハイエンドかそれよりも少し低いくらいの高機能です。
それが実売価格16万円という事で、日本メーカーはこれに対応できるでしょうか。

65NANO91JNA の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

REGZA 65Z740X (東芝)

REGZA は東芝の代表的な人気ブランドですが、65Z740Xは画面が65インチの代表的な液晶テレビの機種となります。

テレビは、やっぱり日本製がいいと言う方におすすめです。

ベゼルも比較的狭め なので、一昔前のテレビからの買い替えの場合、1サイズ小さいテレビからの買い替えだとしても、縦横の大きさはほとんど変わらないかもしれません。

製品自体の大きさはほとんど変わらない(置き場は従来通りでOK)けれど、画面は、ひとまわり大きくなるのです。

日本製らしく、映像だけではなく、 4Kチューナー(BS)を2つ 備えています。

地デジは9チャンネル も持っていて、全テレビ局の番組を2週間程度録りダメしておく タイムシフトマシン 対応です。

ドラマが始まったときなど、ひとまず全部録画して第一話を見てから、全話見るドラマを決める、といった使い方をする方に超おすすめです。

AmazonプライムビデオやNetflix、Huluにも対応しており、 ネットテレビも一通りそろっています ので、見たい番組がないと言うことはほぼないと言えます。

テレビをとことん楽しみたい人におすすめ のテレビと言えます。

REGZA 65Z740X のスペック

【型番】 REGZA 65Z740X 【メーカー】 東芝 【発売日】 2020年 2月
【画質】 4K 【無線LAN】 〇 【外付けHDD】 〇 【HDMI端子】 4
【チューナー】地デジ:9 BS:3 CS:3 BS 4K:2 CS 4K:2
【VOD】YouTube Amazonプライム Netflix Hulu DAZN 他

REGZA 65Z740X の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

65型 液晶テレビ 65S6E おすすめポイント

65S6Eはハイセンスの人気の4Kテレビです。

一番のおすすめの点は、 画面が大きい ところです。そして、 価格がかなり手ごろで買いやすい ので、大画面の液晶テレビを安く買いたいという人にはおすすめです。

やっぱり安いと言うのは嬉しいですからね。

ハイセンスと言えば、中国がスタートの企業ですが、 今や世界企業 となっています。デザイン的にもかなり優れていて、ベゼルがかなり狭いです。

想像してみてください。価格が安い店を探せば 4Kテレビの65インチが10万円程度で買える のです。

しかも、ダサいデザインの物ではありません。むしろ、かなり かっこいいデザインで人気 の液晶テレビです。

さらに、4K-HDRに対応していて 画質はかなりいい です。

購入した方の感想を見ると、満足度は5段階で4か5が多いです。しかも、 75%の方が5と評価 するほどなので画質にこだわる方にもおすすめです。

「4K対応」ではなく、「4Kチューナー内蔵」です。買ったその日から、4Kの放送を楽しむことも可能です。

安くて画質がすぐれていて、かっこ良くて人気がある 、すべてそろったハイセンスの65S6Eはおすすめの液晶テレビです。

65S6E のスペック

【型番】 65S6E 【メーカー】 ハイセンス 【発売日】 2020年 2月
【画質】 4K 【無線LAN】 〇 【外付けHDD】 〇 【HDMI端子】 4
【チューナー】地デジ:3 BS:3 CS:3 BS 4K:1 CS 4K:1
【VOD】YouTube Amazonプライム Netflix Hulu 他

65S6E の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

VIERA TH-65GX855 (パナソニック)

おすすめのポイント

液晶テレビはパナソニックの人気も高いです。

最初の1台を選ばれる場合は、 「はずれ」が少ない 人気メーカーだと言えます。

「ダブルチューナー」搭載機種なので、 ハードディスクを取り付ければ、テレビ単体で録画 することができます。ちなみに、 地デジでは3チューナー、BS/CSもそれぞれ3チューナー 付いています。

こちらでおすすめな機能としては、「 Panasonic Media Access 」です。

これは、専用アプリを使ったら、 テレビで録画した番組をスマートフォンやタブレットで 見ることができる人気の機能です。外出先でもテレビ番組を見たいという方にはおすすめの液晶テレビとなります。

VIERA TH-65GX855のスペック

【画質】 4K 【パネル】 液晶 【外付けHDD】 〇 【HDMI端子】 4
【チューナー】地デジ:3 BS:3 CS:3 BS 4K:2 CS 4K:2
【VOD】YouTube Amazonプライム Netflix Hulu DAZN 他

VIERA TH-65GX855の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

REGZA 65Z730X (東芝)

おすすめのポイント

このテレビがあれば、テレビライフが大きく変わるでしょう。一番おすすめで人気がある機能は、「 タイムシフトマシン 」です。これは、 地デジ放送を6チャンネルまで80時間全番組録画してくれる機能 です。

後になって「あ、あの番組見忘れた」とか「撮り忘れた」と言うときに、80時間なので3日前までの全ての番組を録画しているということなのです。これはすごいことで、「 テレビは見たい時に見る 」というライフスタイルが変わるテレビとなるのでかなりおすすめですね。

テレビを見たいな、と思った時間には面白い番組がないことがあります。でも、「タイムシフトマシン」なら昨日、一昨日・・・と人気の番組を探しに時間をさかのぼれるのです。しかも、 チューナーは内蔵済み なので、 レコーダーを買う必要がなく 、ケーブル回りもすっきりします。テレビの周辺が配線でごちゃごちゃ・・・と言うのはスマートではないですからね。

「東芝のレグザ」と言えば、かなり人気なので、選んで間違いはないおすすめ機種だと言えます。

REGZA 65Z730X のスペック

【画質】 4K 【パネル】 液晶 【外付けHDD】 〇 【HDMI端子】 4
【チューナー】地デジ:9 BS:3 CS:3 BS 4K:2 CS 4K:2
【VOD】YouTube Amazonプライム Netflix Hulu DAZN 他

REGZA 65Z730X の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

65U7E (ハイセンス)

おすすめのポイント

「ハイセンス」は中国企業ですが、パネルなどは中国、韓国が強いです。 驚くほど薄いパネル を採用しています。

その上、 レグザエンジンNEO plus(東芝)を積んでいる ので、映像はきれいです。その割に 価格はかなり安い のが特徴で、10万円台前半で売られているお店もあるほどです。

既に8Kのテレビが発売されることが決まっています。それほど大金をかける時期ではない、と思ったとき、価格が安いというのは魅力です。

また、リモコンには 「Netflix」ボタン も付いています。これを押すと、最近「全裸監督」などの影響で人気が上がってきたNetflixの動画が見れるようになるのです。これで、アニメや映画、ドラマの幅が格段に広がります。

最近では、地デジなどでも面白い番組が減ってきたと言われています。テレビが面白くなくなってきたという方には、「Netflix」に対応した機種はおすすめです。

65U7Eのスペック

【画質】 4K 【パネル】 液晶 【外付けHDD】 〇 【HDMI端子】 4
【チューナー】地デジ:3 BS:3 CS:3 BS 4K:1 CS 4K:1
【VOD】YouTube Netflix 他

65U7Eの最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

最新人気 65インチ 液晶テレビ トップ10

◆ 先頭へ 【 おすすめ 65インチ 液晶テレビ TOP10