おすすめ人気 液晶テレビ BRAVIA X8000Hシリーズ 価格比較

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.KJ-43X8000H(SONY:HP
 2020年5月 8-9万価格比較
2.KJ-49X8000H(SONY:HP
 2020年5月 10-12万価格比較
3.KJ-55X8000H(SONY:HP
 2020年5月 12-13万価格比較
4.KJ-65X8000H(SONY:HP
 2020年5月 16-18万価格比較
5.KJ-75X8000H(SONY:HP
 2020年5月 23-25万価格比較

BRAVIA X8000Hシリーズ レビュー&おすすめのポイント

液晶テレビ:BRAVIAのX8000Hシリーズは、ソニーの人気製品です。

75v型、65v型、55v型、49v型、43v型 の5種類ある、4K放送に対応した液晶テレビです。

■画質

せっかくの4K用の液晶パネルなので、それを活かすように HDR に対応していて、細部までくっきり映し出すようになっています。

HDR:High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)とは、高精細に映し出すだけではなく、従来だったら、影で真っ黒になってしまうところまで、黒で潰してしまわずきれいに映すことができるのです。

また、電気製品である以上避けられない電源によるノイズなどを、取り除くことができ、 クリアな画像にコンバート して映してくれます。

映像の中の物を1つ1つ切り出して、独自のデータベースから適した色合いを取り出し、表現します。

テレビの一番重要な機能としての映像 なので、きれいに越したことはありません。

■4Kコンテンツ

近年のテレビは、4K放送対応の物が主流となってきました。

アナログ→デジタルの切り替え以降、目玉となる革新がなかなかなかったのです。

この8000H シリーズは、 BS4K/110度CS4Kチューナー内蔵 なので、買ったらすぐに4K放送を楽しむことができます。

外付けのHDDを追加購入したら、 レコーダーなしで4K放送まで録画 することができます。

アナログ放送が終わって、地デジで2Kが登場しましたが、4Kは4倍の精密さがあります。

現在、4Kを楽しめるのは、BS放送、CS放送、なのですが、本当に 4Kを楽しもうと思ったら、ネット配信のコンテンツ を見逃すことはできません。

4K:BS放送(最大6局)

・NHK BS4K
・BS-TBS4K
・BSフジ4K
・BS朝日4K
・BSテレ東4K
・BS0テレ

4K:ネット配信(7社)

・Youtube
・NETFLIX
・4Kアクトビラ
・dTV
・U-NEXT
・prime video
・Google Play ムービー&TV

ネットは各サービスごとに、それぞれにチャンネルがあり、数は年々増えています。

上記のように、 ネットの方が、4Kコンテンツが圧倒的に多い のです。

■音質

音もテレビにとって重要な要素の一つ です。どのメーカーもスピーカーの位置に苦心しています。

スピーカーが表まで出てくるとべセル(枠)が太くなってしまい、スマートではありません。

この8000Hシリーズは、画面下方に大容量スピーカーを構え、3次元のリアルな立体音響を実現「 ドルビーアトモス 」に対応しています。

これにより、 音に包まれるような臨場感 を楽しむことができます。

また、高低の音が変化しやすい出力レベルを高精度なデジタル信号処理して、 自然な音色と明瞭な音像定位 にしてくれます。

ソニーは高級音響機器の開発もしているので、そのノウハウがこういったところに活かされています。

音にこだわる方には8000Hシリーズはおすすめ の液晶テレビと言えます。

■ネットとの連携

最近のテレビは、ネットとの連携が充実しています。

一昔前のテレビでもネットにはつながりましたが、なんとか「ネットにもつながる」という印象でした。

この8000H シリーズは通常の テレビとネットがシームレスに使える ようになっています。

Android TV 機能搭載 で、以下のような様々な動画配信サービスを受けられます。

・Youtube
・NETFLIX
・4Kアクトビラ
・dTV
・U-NEXT
・prime video
・Google Play ムービー&TV
・Hulu
・TVer
・AbemaTV
・RakutenTV
・DAZN
・TSUTAYA TV

4K放送を楽しめるアプリも豊富にそろっているのも魅力です。

Androidなので、Google Playでたくさんのアプリがダウンロード出来ます。

「Google アシスタント」にも対応しているので、リモコンのボタンを押すだけで、「OK Google, チャンネルを変えて」など、音声操作ができるのも人気の機能です。

■操作性

ネット配信にテレビが対応することで番組やアプリが増えた分、チャンネルが圧倒的に増えました。

それに比例して、操作が難しくなってしまったとしたら、なんの意味もありません。

8000Hシリーズでは、ちゃんとおすすめの解決策が準備されていました。

「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」「AbemaTV」「YouTube 」など、 ネット配信に切り替える個別の専用切り替えボタン があるのです。

テレビのチャンネルを切り替えるように、「YouTube 」ボタンを押すことで、YouTubeに切り替わるというわけです。

さらに、膨大なネットの番組も、 ビジュアル番組表 のように一目で分かるものを表示することができるようになっています。

ぱっと見て分かるから、選びやすい。

手軽に操作できることで、従来のテレビよりも、格段に 多くのコンテンツを楽しめる ようになりました。

これは実際に使った感想としてもかなり良いですね。

■録画機能

8000Hシリーズは、テレビなのですが、別売りのHDDをセットすることで、 レコーダーのように録画 することもできるのです。

元々番組表もあるので、まさにレコーダーのような使い方ができるのです。わざわざレコーダーを買わなくてもよくなるので、 節約 になります。

もしあなたが、レコーダーを一緒に買うことを検討されているとしたら、その分もう ワンランク上のテレビを買っても安く済む可能性が高い のです。

録画機能もしっかりしていて、 地上波、BS/CS共に2チューナー なので、番組を見ながら裏番組を録画することができます。

HDDの容量は自分で選べ、最大16TBまで接続可能です。

目安として、1TBで地上波デジタルを124時間、BS/CSの4K放送で88時間録画できます。

スマホにアプリをインストールすることで、スマホ経由で ネットを使っても予約ができます

会社や学校にいるとき、見たい番組を録画することを忘れたことに気づいたとしても、この機能で楽々解決です。

この悩みは気づいたら1日ずっと気になってしまうし、早く帰りたくなってしまうので、おすすめの機能です。

■独自アプリ

8000Hシリーズは、AndroidTVに連携したことで、様々なアプリが使えるようになりました。

それだけではなく、 ソニー独自のアプリ も準備されています。

一例として以下のような物があります。

テレビ番組の人気ランキング
4K動画特集
楽しいお買いもの情報
話題のドラマ・映画・アニメ
テレビ活用のヒント
関連製品紹介
製品サポート情報

スマホ用アプリも独自にソニーで開発されています。

スマホをテレビのリモコンのように使う ことができるアプリが人気のようです。

単にチャンネルを切り替えるだけではなく、「 テレビ番組の人気ランキング 」も表示できる用になっているので、参考にすれば、これまであまり興味を持たなかった番組にも手が伸びるかもしれません。チャンネル選びの選択肢が広がります。

家電量販店に行って、テレビを見ると「メーカー」とか、「画面サイズ」とか、「価格」が安いとか、分かりやすい物だけで選んでしまいがちです。

「機能」にも目を向けることで、 日々のテレビライフが豊かになることが期待できます

BRAVIA X8000Hシリーズは、その 豊かさを与えてくれるおすすめの液晶テレビ です。

おすすめ人気 液晶テレビ BRAVIA X8000Hシリーズ 価格比較

BRAVIA X8000Hシリーズ一覧 ⇒ 先頭へ