おすすめの人気機種 75インチ 液晶テレビ

最新 75インチ(70型以上) 液晶テレビ 2020年-売れ筋ランキングトップ10

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.BRAVIA KJ-75X8000H(SONY:HP
 2020年4月 19-21万価格比較
2.VIERA TH-75HX900(パナソニック:HP
 2020年5月 29-32万価格比較
3.REGZA 75M540X(東芝:HP
 2020年5月 19-21万価格比較
4.75U8F(ハイセンス:HP
 2020年4月 18-20万価格比較
5.BRAVIA KJ-75X9500H(SONY:HP
 2020年4月 31-36万価格比較
6.AQUOS 4T-C70CN1(シャープ:HP
 2020年4月 18-20万価格比較
7.BRAVIA KJ-85X9500G(SONY:HP
 2019年6月 50-60万価格比較
8.86NANO91JNA(LG電子:HP
 2020年4月 39-44万価格比較
9.AQUOS 8T-C70CX1(シャープ:HP
 2020年4月 48-53万価格比較
10.75NANO91JNA(LG電子:HP
 2020年4月 25-28万価格比較

リンク:各インチごとの液晶テレビ・有機ELテレビ

◆ 液晶テレビ  : 19型 22/24型 32型 40型 43型 49/50型 55型 65型 75型

◆ 有機ELテレビ : 55型 65型以上

<選び方> ⇒ テレビの選び方と比較ポイント

75インチ(70型以上)液晶テレビの選び方

考えてみたら、一昔前は75インチのテレビなど存在しませんでした。
もちろん、特別な業務用などならばあったかもしれませんが。

現在では 一般家庭でも75インチ のテレビを安く買うことができるようになりました。
人気の大画面なのですが、75インチだからこそ注意すべきことがありますのでレビューします。

まずは、液晶テレビ自体の 大きさ です。
75インチだとメーカーにもよりますが、 横幅で1m70センチくらい はあります。
成人男性が横になったくらいの広さは必要ですので、スペースが確保できるか確認してみましょう。
ちなみに、高さは1mくらいです。

次にテレビ本体の重さです。
これもメーカーによりますが多くは 30kg~40kg はあります。
55インチのテレビからの買い替えなどの場合は、テレビ台が新しい75インチのテレビに耐えられるのか耐荷重を確認しましょう。

もし、分からない場合は、テレビを買う時テレビの価格だけではなく、テレビ台の価格も考慮して予算が許容範囲内かどうか判断しましょう。
30kgに耐えられるテレビ台となると安いものでも1万円くらいします。
意外と予算オーバーの要素になりますのでご注意ください。

おすすめ人気 75インチ(70型以上) 液晶テレビ:ピックアップ&レビュー

BRAVIA KJ-75X8000H (SONY)

ソニーに限りませんが、最近の液晶テレビはすべての動画を 4K画質にアップコンバート してくれる機種が多くなっています。
ところが全てのメーカーに搭載されているわけではないので、チェックされてください。ブラビアは4K画質に変換してくれます。

スピーカー位置は画面下側2か所になっています。
スピーカーは、 画面が大きくなるほど位置や数が重要 になってきますので、ここもチェックしてください。

あとは、ネット動画にどれくらい対応しているかです。
NETFLIX、prime video、hulu、TVer、ABEMA、U-NEXT、YouTubeくらいは最低でも対応していてほしいところ。
ブラビアは全て対応 しています。

ちなみに、製品サイズは横168.6 x 縦104.2 x奥 41.4、重量32.9kgです。
ソニーは 速い動きもくっきり見える のでおすすめの機種です。

BRAVIA KJ-75X8000H の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

VIERA TH-75HX900 (パナソニック)

パナソニックは、子持ち世代にうったえかける製品を作っていると感じます。
その筆頭が 転倒防止スタンド です。
スタンドの台に吸盤が内蔵されています。
他社のスタンドよりも倒れにくい構造になっています。

あとは、 テレビCM が後で効いてきます。例えば、音です。
テレビの上にマイクを向けて テレビの上まで音に包まれている という実験をする綾瀬はるかさんが思い浮かぶのです。

テレビを買う際、奥さまの許可が必要な場合におすすめです。
こういったCMを女性は意外と見ているので。

VIERA TH-75HX900 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

REGZA 75M540X (東芝)

65インチからの買い替えの場合、75インチがおすすめです。
レグザも ベゼル(枠)の幅が狭くなっています
数年前の65インチだと146cm幅があったのですが、最新のレグザの75インチは168cmで約22cmしか違いがないのです。
画面は大きいので満足度は高くなりそうです。

2Kの地デジ放送も4K画質にアップコンバートしてくれます。
外付けHDDを接続すれば1つの番組を見ながら、それ以外に 2番組を同時録画 できます。
普通の家ならば、 レコーダーが不要 かもしれません。

REGZA 75M540X の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

75U8F (ハイセンス)

2K映像を4Kにアップコンバートしてくれます。
東芝映像ソリューションとの共同開発により AI を開発し、 シーンによって最適な映像 にしてくれます。

映像のエッジをくっきりしてくれたり、ざらついた映像のざらつきをおさえてくれたりします。

NETFLIX、prime video、hulu、ABEMA、U-NEXT、YouTubeなどの ネット動画にも対応 しています。

日本製であまりアピールしていない点としては、ゲームにも対応していて、 速い動きでもはっきり と映してくれるようになっています。
サイズは、横167.6cm×縦105.6cm×奥36.7cm、重さは31.3kgです。

75U8F の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

BRAVIA KJ-75X9500H (SONY)

X9500Hシリーズは、上記の75X8000Hシリーズと比較して、 新音響システム が導入されて音が良くなっています。
画面の上部側面にスピーカーが追加されていることから、テレビを見ている人が、 全体が音に包まれる ようになっています。

また、前のモデル「X9500G」と比べ、画面 ベゼルの幅が狭く なっています。
べセルが狭いというのは新しさを感じるポイントの一つなので、各社しのぎを削っています。
本体サイズは、横167.5cm x 横104.8cm x 奥41.5cm、重さ35.6kg。
ソニーは 速い動きもくっきり見える のでおすすめの機種です。

BRAVIA KJ-75X9500H の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

AQUOS 4T-C70CN1 (シャープ)

シャープの70インチは、4つの特徴があります。
1つ目は、アップコンバートの4Kエンジン。
2つ目は、 低反射 のブラックパネル。
3つ目は、90度音の方向を変え前に音が出るスピーカーと、ストレートに前方に音が出るスピーカーと2種類準備されていて 音質にこだわっている こと。
4つ目は、画面の方向をある程度動かせる「 回転スタンド 」です。
これにより、見る位置は真正面でなくてもよくなります。
ローテーブルと食事用のテーブルは別だったりしますので、がっつり1人で映画を見るときも家族でご飯を食べながらテレビを見るときも、見やすくなります。

AQUOS 4T-C70CN1 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

KJ-85X9500G (SONY)

画面は 85インチ でかなり大きいです。
テレビ台もいいのですが、壁掛けも検討してみてはいかがでしょう。

9500シリーズなので、映像もさることながら 音が強化 されています。
画面が大きくなるほど音はとても重要になります。

サイズは、横191.0cm x 縦117.9cm x 奥41.2cm、重さ49.0kg。
大きさもさることながら、重量もかなりなので、 専用のテレビ台や壁掛け器具が必要 です。
購入の際はテレビの価格の他にテレビ台などの価格も考慮しておきましょう。

KJ-85X9500G の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

86NANO91JNA (LG電子)

LGの製品は、現状日本で普通に売られている製品のテレビの中で最大ではないでしょうか。
86インチ がラインナップされています。

有機ELでも採用された映像エンジンが使われています。
優れた HDR で映像がくっきりしています。

NETFLIX、prime video、hulu、U-NEXT、YouTubeなどの ネット動画に対応 しています。
ゲームモードがあるのも珍しいです。

スポーツやゲームの 速い動きに対応 しているのは日本メーカーではほとんどなく、海外メーカーほど力を入れているようです。
サイズは、横192.6cm×縦118.3cm×奥43.2cm、重さは55.4kgです。

86NANO91JNA の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

AQUOS 8T-C70CX1 (シャープ)

以前からパネルをウリにしているシャープなので、 8K用に新開発のパネル を推してきています。
もちろん、2Kを4Kにアップコンバートしてくれます。
色にもこだわっていて、 10億色の色彩に対応 しているそうです。

ネット動画にも対応していて、国内製品では珍しく Android TV を搭載しています。
各ネット動画に対応しているだけではなく、それぞれのアプリが使えます。
表示などは多少違いますが、スマホやタブレットで慣れたAndroidなので馴染みやすいでしょう。

サイズは、横156.4cmx縦99.0cmx高さ36.1cm、重さ45.9kg。

AQUOS 8T-C70CX1 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

75NANO91JNA (LG電子)

LGも韓国国内でのパネル生産を終了することにしたそうなので、この機種が最後の自社生産パネルとなるかもしれません。
有機ELの技術 が液晶テレビにも導入されています。

ネット動画もNETFLIX、prime video、hulu、U-NEXT、YouTubeなどに対応しています。
ゲームモード があるのも独特です。

やはり韓国ではネットゲームが盛んなのでゲームモード搭載はさすがですね。

167.7cm×104.3cm×38.4cm、37.9kg。
上記の86インチよりも一回り小さくなっています。

75NANO91JNA の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

◆ 先頭へ 【 おすすめ 70型以上液晶テレビ 売れ筋ランキング TOP10