おすすめの人気機種 55型 有機ELテレビ

最新 55型 有機ELテレビ 2020年-売れ筋ランキングトップ10

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.BRAVIA KJ-55A8H(SONY:HP
 2020年6月 23-25万価格比較
2.REGZA 55X9400(東芝:HP
 2020年6月 28-30万価格比較
3.VIERA TH-55HZ1800(パナソニック:HP
 2020年8月 28-30万価格比較
4.VIERA TH-55HZ1000(パナソニック:HP
 2020年6月 22-24万価格比較
5.4T-C55CQ1(シャープ:HP
 2020年5月 20-22万価格比較
6.OLED55BXPJA(LG電子:HP
 2020年6月 16-18万価格比較
7.REGZA 55X8400(東芝:HP
 2020年6月 22-24万価格比較
8.BRAVIA KJ-55A9G(SONY:HP
 2020年6月 21-25万価格比較
9.REGZA 55X930(東芝:HP
 2020年7月 20-24万価格比較
10.OLED55CXPJA(LG電子:HP
 2020年6月 22-24万価格比較

リンク:各インチごとの液晶テレビ・有機ELテレビ

◆ 液晶テレビ  : 19型 22/24型 32型 40型 43型 49/50型 55型 65型 75型

◆ 有機ELテレビ : 55型 65型以上

<選び方> ⇒ テレビの選び方と比較ポイント

55インチ有機ELテレビの選び方

薄型テレビの購入をお考えの場合、 有機ELテレビ液晶テレビ でどちらを選べばいいか必ず悩まれることでしょう。買い替えの時は、同じ液晶テレビではなく、せっかく買い替えるのでグレードアップしようと考える方が多いようです。

そこで、障害になるのが 価格 です。液晶テレビだと4Kテレビでも55インチなら10万円~18万円くらいが相場みたいです。一方、有機ELテレビでは、13万円くらいからあるのですが、上は40万円くらいまであります。

では、その価格差が何なのかを知っている方は、費用対効果を考えることができますが、分からない場合は、価格だけで選んでしまって液晶テレビを選んでしまいます。

その、違いの一番の違いは、 映像の美しさと明るさ です。

機構そのものが有機ELと液晶テレビでは違いますので、 圧倒的に明るい映像 が楽しめます。安い液晶テレビだと四隅が暗くなるような製品もありますが、有機ELテレビならば、どんなに安くても四隅が暗くなることはありません。

おすすめ人気 55インチ有機ELテレビ:ピックアップ&レビュー

※価格は2020年9月時点

BRAVIA KJ-55A8H(SONY)

ソニー最高の映像チップ を使って、きれいな映像になっています。
AI でデータベースから映し出している物のデータを引き出し、映像に反映させています。

HDRも採用 されているので、これまでは単なる暗がりだと思っていたシーンも、輪郭がしっかり見えるように 自動補正 してもらえます。 倍速パネル なので、速い動きにも追従していて、ブレが少ないです。

さらに、線をシャープにしたり、なめらかにしたりすることで、見やすい映像にしてくれる機能まで付いているそうです。

4Kチューナーも2つついています。地デジやBSも各2個ついているので、裏番組の録画もOKです。

それでKJ-55A8Hは実売価格が約21万円です。お財布に少し余裕があるのならば、ぜひおすすめの1台です。

BRAVIA KJ-55A8H の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

REGZA 55X9400(東芝)

レグザの有機ELテレビもかなりの ハイスペック です。まずは、パネルは レグザ専用の高コントラスト有機ELパネル です。海外製品にも採用されている映像エンジンも見逃せません。

55インチと言えばかなりの大画面なので、スピーカーも重要です。位置と方向が調節してあって、画面の中央から音が出ているように感じるようになっています。これで映像を楽しんでいるときに 音の違和感がなくなります

そして、注目すべきは 地デジのチューナーが9つ もついています。 タイムシフトマシン の名をほしいままに、 全番組録画 が可能なのです。

さらに、REGZA 55X9400は ネット動画も充実 していて、主要な動画サービスにはすべて対応しています。

それで実売価格は約27万5000円です。価格はチューナーが多い分、少し高くなりますが、人気のある機種です。

REGZA 55X9400 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

VIERA TH-55HZ1800(パナソニック)

パナソニックの有機ELはTH-55HZ1800とTH-55HZ1000の2タイプになっています。これらの違いは本当に微細です。どちらも4Kの有機ELパネルで、高画質映像エンジンも同じです。

HDRにも対応 していて、映像がきれいです。暗かったり、明るすぎたりして真っ白になってしまうシーンも輪郭をはっきりとさせ、きれいで見やすい映像に自動変換してくれます。

4Kチューナーは2つ、地上波、BSチューナーは3つと充実しています。1つは見るようなので、2つまで裏番組を録画することができるわけです。裏番組の録画には、外付けのHDDが別売りで必要なので、2TBくらいの容量のものを検討した方が良いでしょう。

2タイプの違いは、 スピーカーの容量 だけです。80Wと30Wの違いが価格差と言えます。

TH-55HZ1800の実売価格は、24万5000円くらいで、TH-55HZ1000が21万4000円くらいです。

VIERA TH-55HZ1800(パナソニック) の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

VIERA TH-55HZ1000(パナソニック)

上記の様にスペックがほとんど同じ2機種から選ぶ時は、どちらがいいのか悩みますよね。映像にとって 重要なパネルと映像エンジンは同じ ものです。

HDRなども同じ。各チューナーの数も全く同じで、スピーカーの容量が違います。容量の違いは、 スピーカーの数 です。55HZ1000は30Wなので、15Wが2つで30Wです。フルレンジスピーカーが2機搭載されています。

高級機TH-55HZ1800の方は、80Wなのですが、15W×4つで中央に大口径ウーハーが付いています。これが20W何でしょうね、合計で80Wとなっています。

映画を映画館で見ているように音に包まれるような効果を期待する場合は高級機TH-55HZ1800が必要でしょうが、普通にテレビがあればいい場合は、格安とはいえ 有機ELテレビでかなり映像はきれい なので55HZ1000の方でも十分だと言えます。

音の具合は感覚的な要素も大きいです。家電量販店で比べて、ご自身が好きな方を選ぶのも良いでしょう。買う時は通販の方が安い傾向があります。

VIERA TH-55HZ1000 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

4T-C55CQ1(シャープ)

シャープはブランドのAQUOSです。有機ELテレビで今回ご紹介する中では一番安い、実売価格約19万円です。

シャープの有機ELテレビは1種類なので、選びやすいと思います。 8Kの技術 も使って、高画質にしているのでどれくらい違うのか、一度はチェックしてみたいところです。

4T-C55CQ1は Android TV が搭載されているのもポイントが高いです。当然、YouTubeやPrime Videoなどにも対応しています。操作がいつも使っている スマホやタブレットと操作がほとんど一緒 なので、なじみやすいです。

この「使いやすい」ってとても重要です。色々機能があっても実際は使わない事だってたくさんあります。このAndroid TVの様に最初から慣れているとポイントが高いですよね。

使いやすいと言えば、リモコンがシャープだけツートンになっています。最近のテレビはどれもテレビ、レコーダーの両方が操作できます。黒い部分はテレビで、下の白い部分がレコーダーとなっていて、 説明されなくても感覚的に使いやすく なっているのです。こういうのって地味ですがいいですよね。

4T-C55CQ1 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

VIERA TH-55GZ1000(パナソニック)

おすすめのポイント

一般的なご家族のリビングだったら、55インチを置けば十分大きいと思います。もし、あなたがテレビはまだ壊れていないのに、お買い替えを考えている場合は、ある程度の機能を求めるのではないでしょうか。有機ELのきれいな映像、4Kチューナー内蔵、裏番組も録画したいので、ダブルチューナー、と理想のテレビを考えたら、このビエラがまさにおすすめの有機ELテレビです。

YouTubeやabemaTVなどもテレビの機能として見ることができます。人気のアマゾンプライムビデオも大画面で家族と一緒に楽しむことができるのでおすすめです。

さらに、 Googleアシスタントやアマゾンのアレクサにも対応 しています。家族で音声認識を試したら子供さんだけ反応が良いなど、楽しい一場面をこのビエラと共に過ごすことが想像できますよね。

自信を持っておすすめできる人気の有機ELテレビです。

VIERA TH-55GZ1000 のスペック

【画質】 4K 【パネル】 液晶 【外付けHDD】 〇 【HDMI端子】 4
【チューナー】地デジ:3 BS:3 CS:3 BS 4K:2 CS 4K:2
【VOD】YouTube Amazonプライムビデオ Netflix Hulu DAZN 他

VIERA TH-55GZ1000 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

BRAVIA KJ-55A9G(SONY)

おすすめのポイント

液晶テレビにおいても、映像エンジンという映像を映す部分が強いのがソニーのブラビアです。それは有機ELでも健在。多くのテレビでは、スポーツやゲームの時に特によくわかるのですが、早い動きの時映像の輪郭が少しぼやけて見えることが多いのです。

ところが、 ブラビアは動画でもくっきりした映像 でユーザーの満足度が高いので人気があります。液晶の時よりもきれいな映像が楽しめるのでおすすめです。

この機種ならば、多くの場合リビングに置かれることになると思います。家族が毎日見るテレビなので、見えにくいものではなく、くっきり見える物がおすすめに決まっています。

YouTubeやアマゾン動画を大画面で楽しめるので、リビングでの家族との時間が増えそうです。レンタルビデオ代などの節約になり、テレビを買った方が安い買い物だったりするかもしれません。

BRAVIA KJ-55A9G のスペック

【画質】 4K 【パネル】 液晶 【外付けHDD】 〇 【HDMI端子】 4
【チューナー】地デジ:2 BS:2 CS:2 BS 4K:2 CS 4K:2
【VOD】YouTube Amazonプライムビデオ Netflix Hulu DAZN 他

BRAVIA KJ-55A9G の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

REGZA 55X930(東芝)

おすすめのポイント

レグザで55インチのテレビと言えば、普通の家庭に置くテレビとしては 最高峰 だと言えます。

有機ELで4K放送対応なので、映像的にもそれ以上はないので価格よりも性能を重視したい方にはおすすめの有機ELテレビです。

音声操作なども目新しいのですが、やっぱり 人気の機能であるタイムシフトマシン の存在は大きいと言えます。

通常は、放送の前に見たい番組を決めて予約するのが予約録画です。タイムシフトマシンでは、放送の後に見たくなっても、 過去にさかのぼってみたい番組を見ることができる のです。しかも、全チャンネルで実現しているのがおすすめポイントです。

絶対見ないチャンネルがあれば対象から外すと、録画時間が増えるので、過去にさかのぼれる時間が長くなります。

お子さんが学校で見忘れたテレビの人気番組のことでお友達との話題に入れなかったとしても、家に帰ってから過去にさかのぼって見逃した番組を見ることができます。翌日はそのテレビの人気番組の話でお友達と盛り上がれるでしょう。

REGZA 55X930 のスペック

【画質】 4K 【パネル】 液晶 【外付けHDD】 〇 【HDMI端子】 7
【チューナー】地デジ:9 BS:3 CS:3 BS 4K:2 CS 4K:2
【VOD】YouTube Amazonプライムビデオ Netflix Hulu DAZN 他

REGZA 55X930 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

最新人気 55インチ 有機ELテレビ トップ10

◆ 先頭へ 【 おすすめ 55型 有機ELテレビ 売れ筋ランキング TOP10