おすすめの人気4K液晶テレビ AQUOS CN1シリーズ:価格比較

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.AQUOS 4T-C43CN1(シャープ:HP
 2020年6月 11-13万価格比較
2.AQUOS 4T-C50CN1(シャープ:HP
 2020年6月 12-13万価格比較
3.AQUOS 4T-C55CN1(シャープ:HP
 2020年8月 16-18万価格比較
4.AQUOS 4T-C60CN1(シャープ:HP
 2020年6月 20-22万価格比較
5.AQUOS 4T-C70CN1(シャープ:HP
 2020年6月 26-28万価格比較

その他のテレビ ⇒ テレビ一覧

4K液晶テレビ AQUOS CN1シリーズ レビュー&選ぶときのポイント


AQUOS(アクオス)と言えば、シャープの人気ブランドです。
CN1シリーズは、次世代の 8Kの技術を取り入れた4K液晶テレビ です。
低反射N-Blackパネル 」搭載のAQUOS 4K フラッグシップモデルがAQUOS CN1シリーズです。
おすすめのポイントを詳しく内容をレビューしたいと思います。

■8Kの技術が使われた4K映像

8K高画質技術を応用した新開発の4K画像処理エンジン「 Medalist S1 」はシリーズの全サイズで使われています。
この8K技術を使っているところが、他の液晶テレビとの大きな違いです。

映像は画素数が多くなるほど、あざやかにするのが難しくなってきます。
現在の液晶テレビの主流は4Kになりつつありますが、既に8Kの技術は存在します。
一足先に 8Kの技術を使っている というのは何ともロマンがあります。

当然ロマンだけではなく、明るいところと暗いところの切り分け、色再現回路に8Kの技術が使われています。

きれいな画像は アップコンバート にも使われています。
4K放送になれてしまうと、当然これまでの地デジ(2K)が物足りなくなってきてしまいます。
しかし、地上波は従来通りの2Kしか放送がありません。
そこで、アップコンバート(高精細変換)の技術が効いてくるのです。

例えば動物の毛などは1本1本まできれいに映し出す様に変換してくれるので、2K放送なのに4K放送であるかと錯覚してしまうようにきれいな映像になります。

また、場面ごとに目に見えない短い時間画面を切るようになっています。
液晶テレビのバックパネルは黒を追求した特別なものなので、シーンごとに映像が流れてしまわず くっきりした映像 になります。

リビングに置いた時に自分が画面に反射することを防ぐ低反射「N-Blackパネル」も全サイズ共通。

映画なんかの場合は、夜みたいな暗いシーンに自分が映り込んだら興ざめですからね。
この機能は 映画好きの方にはおすすめ です。

■音抜けにこだわった音響システム

前向きスピーカーによる音抜けのよい 高音質
2.1ch「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」があります。
低域から高域まで、聞き取りやすい 高音質を実現します。

音響システムは、各社スピーカーの位置に苦慮している点です。
パネル自体から音が出る技術がまだないので、枠にスピーカーを設置するしかないのです。
そうなると、ベゼル(画面の枠)が太くなり、デザイン的に厚ぼったいものになってしまう欠点があります。

他社はテレビの裏面に設置したり、側面から音が出るようにしたりしていますが、AQUOS CN1シリーズは 2種類のスピーカーを搭載 させました。
ツィーター×2個、ミッドレンジ×2個、サブウーハー×1個で合計35Wです。

パネル背面に下向きに向けたスピーカーを設置し、リフレクター(反射板)でまっすぐ音が出るようにしているのと、スピーカーネットをなくした前面開口の新機構スピーカーの2種類です。
どちらも画面にかからないし、ベゼルを広げる必要がない機構なので、機能はしっかりしているのに、デザインを損ないません。

■Android TVを前面に押し出したたくさんのコンテンツ

ネットにつながる液晶テレビは本当に多くなりました。
でも、すべてがAndroid TVという訳ではないのです。

Androidならば、普段スマホやタブレットで慣れた操作ができます。
Amazon Prime videoやNetflixなども当然使えますし、各社の人気アプリがいつもの操作で使えます。

更に スマホがテレビのリモコンになります
これにより、 個人の好みをAIが学習 して家族のそれぞれにマッチしたコンテンツをおすすめしてくれるのです。

AIにすすめられなかったら放送されていることすら気づかなかったような番組も、AQUOS CN1シリーズは見つけ出してきてくれます。

■ロマンがある未来感

枠(ベゼル)が極薄のデザインも、Android TVによるネット動画視聴もそうなのですが、AQUOS CN1シリーズは未来を感じさせてくれるのでおすすめです。
そんなロマン機能の一つが人気の スマートスピーカーに対応 していることです。

音声操作はもちろん、天気を聞いたら答えてくれますし、あなたが見たい番組やゲームアプリを AIが提案してくれる というのも良いですね。

テレビの場合、壊れたから買い替えという場合が多いと思いますが、安くない価格のお金を出して、ただテレビが映るだけではもったいなく感じてしまいます。
新しいテレビには、ぜひ これまでになかった機能 を求めたい。
そんな考えの方には、このAQUOS CN1シリーズがおすすめといえます。

■目立たない機能だけど重要

画面角度を調節できる「 回転スタンド 」や放送や映像のメモに便利な「 静止画機能 」、画面で見られる「 電子取扱説明書 」など、便利な機能が充実しています。

これらの機能は公式HPなどでしか見ることができません。
でも、いざ買って使うとしたら地味に便利でおすすめです。
取説なんて半年もしたら、どこに行ったか分からなくなってしまいがちです。
テレビ自体に搭載されていたら便利に決まっています。

放送の映像をメモ的に残せる のも面白い機能でおすすめです。
技術的にはそれほど難しくないのでしょうが、例えば、プレゼント番組の応募方法などは、ネットが発達したため短い時間しか表示されずそのままに流れてしまいます。
AQUOS CN1シリーズを使いこなせば急いでメモを準備したりしなくてよくなりそうです。

このように 目玉となる機能を搭載しつつ、地味に便利な機能も両方併せ持つ AQUOS CN1シリーズは、発売されてからしばらくしても人気が継続します。
口コミから人気が広まるからです。
ぜひ、テレビを買う時の選択肢の一つとして検討してみて下さい。

4K液晶テレビ AQUOS CN1シリーズ ⇒ 先頭へ