おすすめの人気ブルーレイレコーダーDMR-4Tシリーズ:価格比較

※価格情報:2020年10月

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.DMR-4T201(パナソニック:HP
 2020年10月 10-12万価格比較
2.DMR-4T301(パナソニック:HP
 2020年10月 12-14万価格比較
3.DMR-4T401(パナソニック:HP
 2020年10月 13-15万価格比較

その他のレコーダー ⇒ ブルーレイレコーダー一覧

おうちクラウドディーガDMR-4Tシリーズ レビュー&選ぶときの評価ポイント

ブルーレイレコーダーのディーガはパナソニックのブランドですが、最近では おうちクラウドディーガ と進化しています。

DMR-4T201、DMR-4CT201の違い(Cが入っているかどうか)は、 機能自体に違いはなく 、一般販売用と家電量販店用ということのようです。ですからDMR-4T401は一般販売(通販など)、DMR-4CT401は家電量販店用の機種となります。

最近では、撮影はスマホが中心です。その動画や、静止画はスマホの買い替えの時には処理に困ります。ところが、おうちクラウドディーガならば、 勝手にディーガが保存 しておいてくれます。パパのスマホの写真もママのスマホの写真もディーガで見ることができるわけです。

実は 3つの人気機能 があります。それぞれレビューしますね。

■4K放送を同時に3番組まで録画できる

レコーダーと言えば、録画のための機器です。最近のテレビでは外付けのHDDを付けたら、それ単体で番組を録画することができます。わざわざブルーレイレコーダーを買わなくてもいいのでは、と言う考えが出てきます。

ある意味正解ですが、録画専用機には専用機の良さがあるのです。外付けHDDを取り付ける場合との違いは、第一に 操作が簡単 です。リモコンのボタンは一見多そうですが、よく使うボタンは限られています。少ない操作で目的の操作ができることはとても重要です。

そして、この機種では、 4K放送を3番組まで同時録画 できます。2K放送を3番組録画できるテレビはありますが、4K放送で3番組同時録画できるテレビはありません。この辺りは、やっぱり専用機と言うところでしょう。

ただし、2020年10月現在で4K放送の番組は、NHK-BS、BS0テレ、BS朝日、BS-TBS、BSテレ東、BSフジしかありません。2020年12月からは、WOWWOW(有料)が追加されます。

それでも6局とか、7局とかしかないので、3番組同時録画するチャンスはないかもしれません。ただし、2K放送(地デジ)もあるので3番組録画できるのは嬉しい機能です。主にドラマに使うことになるでしょう。

■ディーガで録画した動画をスマホで見れる

レコーダーで意外な敵は「見る暇がない」ということです。買う時は、容量の大きなものを選びがちなのですが、100時間以上見ていない番組が保存されてしまうと、多分一生見ないものがたくさんあるでしょう。

番組を見るためには、テレビの前に長時間いる必要があり、現代の生活に即しているとは言えません。そこで、このディーガです。 録画した番組は、スマホにダウンロード することができ、通勤・通学の時に再生することができます。

この ダウンロード できるところがポイントで、著作権などの関係で録画した番組を持ち歩くことは難しかったです。ディーガには、録画機能があります。

飛行機はまだまだWifiが使えないケースが多いので、飛行機を使っての出張の場合でも、見たいものが見れるので嬉しい機能でしょう。新幹線はネットが使えることが多いですが、西日本の場合はトンネルが多くてぶつぶつ切れます。ダウンロードしておけるとトンネルがあっても見れるの便利です。

録画に関しても工夫されています。4K放送はとにかく容量を食います。ところが、 画質を落とさず4倍まで圧縮 することができるのです。

画質を落としてよければ最大15倍録画することができます。どんなに大きなHDD容量を選んでも無限ではありませんので、こういった機能はありがたいですね。

■ネット動画を高画質で見ることができる

ネット動画の多くは、画質が良くないものが多いです。DMR-4Tシリーズならば、ネット動画を見ることができるだけではなく、 4K画質へのアップコンバート ができます。

色々設定をしなくても、常に最高の画質に自動調整してくれます。 HDRにも対応した高画質できれいな映像でネット動画を見ることができる ので、スマホとはまた違う満足感を感じることができます。

実売価格は、それぞれおよそ以下の価格となっています。

DMR-4T401(DMR-4CT401)13万9千円から15万4千円
DMR-4T301(DMR-4CT301)12万4千円から13万8千円
DMR-4T201(DMR-4CT201)10万9千円から12万1千円

同じ機種でも価格差が1万円から2万円も違いがあります。家電量販店では実機を見れるメリットはありますが、価格はあまり安くありません。何店も回って安いお店を探すとしたら、かなりの労力がかかります。そこで、 ネット通販で買った方が簡単に、安く手に入る のでおすすめです。

パナソニックは、ビエラとディーガをまとめて買うと7万円キャッシュバックのキャンペーンも開催しています。2台で7万円なので、1台当たり3.5万円と考えたら、かなり安く手に入る計算になります。購入の予定がある場合は、ぜひ利用したいところですね。

ブルーレイレコーダーDMR-4Tシリーズのレビューと価格比較 ⇒ 先頭へ