おすすめの人気機種 22-24型 液晶テレビ

最新 22-24型 液晶テレビ 2020年-売れ筋ランキングトップ10

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.REGZA 24V34(東芝:HP)
 2020年9月 3-4万価格比較
2.VIERA TH-24H300(パナソニック:HP)
 2020年8月 3-4万価格比較
3.REGZA 24S24(東芝:HP)
 2020年4月 2-3万価格比較
4.24A50(ハイセンス:HP)
 2019年3月 1-2万価格比較
5.24WB10(アイリスオーヤマ:HP)
 2020年7月 1-2万価格比較
6.24TVSMM-S(ジョワイユ:HP)
 2020年6月 1-2万価格比較
7.QUALL QL-243RZ(APEX:HP)
 2020年8月 1-2万価格比較
8.REGZA 24S22(東芝:HP)
 2018年8月 2-3万価格比較
9.VIERA TH-24G300(パナソニック:HP)
 2019年4月 2-3万価格比較
10.BRAVIA KJ-24W450E(SONY:HP)
 2017年9月 3-4万価格比較

リンク:各インチごとの液晶テレビ・有機ELテレビ

◆ 液晶テレビ  : 19型 22/24型 32型 40型 43型 49/50型 55型 65型 75型

◆ 有機ELテレビ : 55型 65型以上

24インチ液晶テレビの選び方

24インチの液晶テレビを選ぶ時に考えないといけないのは「 用途 」です。あなたの使い方に合ったものを選ぶことが安くて、良い機種を選ぶことにつながります。

ブランドだけ、価格だけで選ぶと、不満が残る上に高い機種を買ってしますことになるかもしれません。ご注意ください。

映像はきれいで明るい方がいいのは当たり前ですが、頭一つきれいな映像になる機能が「 HDR 」です。スマホのカメラにも取り入れられている機能で、逆光で陰になってしまいそうな映像もソフト的に補正して、きれいな映像にしてくれる機能です。絶対とは言えませんが、あるならばあった方がきれいな映像が楽しめます。

見え方に関していえば、「 IPS 」機能もチェックです。液晶テレビの場合は、斜めから見ると画面が暗くなってしまう特徴があります。IPS機能があると、暗くなるのを低減してくれます。

ただしリビング用の大きなテレビでは4KやHDRやIPSは差がはっきり出ますが 24インチではそれほど差が出ない 場合が多いです。24型の液晶テレビは4KもHDRも対応していない機種がほとんどなので、子供部屋とか1人暮らしで使うなら画質は割り切ってもいいかと思います。

あとは、ネットとの接続です。 VOD機能 があると、アマゾン動画などがテレビで見ることができます。動画を楽しみたい場合は、VOD機能の有無もチェックされてください。

24インチの液晶テレビだと、家電量販店には置いていないことが多いので、 ネット通販で比較して買うことをおすすめ します。

おすすめ人気 液晶テレビ:ピックアップ&レビュー

※価格は2020年10月時点

REGZA 24V34(東芝)

HDRなし、IPSなし、VODサービスあり。実売価格3万3千円から4万円です。

REGZA 24V34は、 ネットに特化したタイプ となっています。VODサービスが付いているのはもちろん、 ネット動画の画質をアップグレード するチップが内蔵されています。

ネット動画に特化したのはリモコンにも表れていて、Amazon、ABEMA、NETFLIX、hulu、U-NEXT、YouTubeの6サービスに関しては、 リモコンにダイレクトボタン が付いています。

なかなかサブスクVODを全社契約しておられる方は少ないでしょうが、上記の1つでも利用していれば、 1ボタンで利用できる ようになるので、とても便利です。特にAmazonは著作権の保護が過剰なので契約者であっても特定機器以外は動画再生できないなど、制限があります。

この機種ならば、大画面で動画を楽しむことができます。 一人暮らしのメインテレビとしておすすめ できる機種と言えます。

REGZA 24V34 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

VIERA TH-24H300(パナソニック)

HDRなし、IPSなし、VODサービスなし実売価格3万3千円から4万7千円です。

この機種の特徴としては、 裏番組まで録画できる ことでしょう。パナソニックと言えば、メインの録画機器に録画した物を、各部屋のビエラでも楽しむことができる ビエラリンク が有名です。

VODサービスなどはないので、部屋のモニタープラスアルファと言うような位置づけの機種で、パソコンやレコーダーをつないで使うことを想定していると思われます。

そのため、TH-24H300は HDMI端子が2つ 付いていて、USB端子も1つ準備されています。ビエラリンクにはUSB端子を使いますので、そのためと思われます。

一人暮らしのメインテレビとしても少し物足りないので、家族の1人が部屋で使うためのテレビとして考えると快適でしょう。

TH-24H300 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

REGZA 24S24(東芝)

HDRなし、IPSなし、VODサービスなし。実売価格2万6千円から3万1千円です。

日本メーカーにしては、かなり使い方を絞り、 価格を抑えることができた液晶テレビ だと言えます。

そのため、テレビ視聴と、裏番組のためのチューナーが付いているくらいで、VODサービスは機能がありません。録画機能は、 自動でチャプターを作ってくれる 機能があるので、録画した物を再生する際はCMを飛ばしたり、シーンごとに飛ばしたりするのは便利そうです。

REGZA 24S24を一人暮らしで使うとしたら、少しテレビも見たいし、通常はパソコンやゲームで使うと言う方におすすめです。映像モードの中に ゲームモード も付いています。

家族の1人のために寝室などに置くのにも向いているでしょう。価格はおさえたいけれど、日本メーカーにこだわりたい方におすすめです。

REGZA 24S24 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

24A50(ハイセンス)

HDRなし、IPSあり、VODサービスなし。実売価格1万9千円から2万4千円です。

海外メーカーのいいところが、 液晶の質がいいのに価格が安い ことです。既に日本メーカーでは太刀打ちできない状態です。この機種は中でも使い方を絞っていて、出来るだけ安く買いたいと思われている場合におすすめです。

まずは、価格が安いこと。日本メーカーでこれよりも安くできるところはないでしょう。

さらに、 IPS機能がある ので、斜めからの視聴でも画面が暗くなりにくいです。一人暮らしでも、テレビを見ながら料理をするなど、通常の位置と違うところから見るとしても見やすいのでおすすめです。

HDMI端子も2つあり、USB端子も1つあるので、 ゲームやパソコンの接続 にも十分対応でき、一人暮らし用としては適していると言えます。

24A50 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

24WB10(アイリスオーヤマ)

HDRなし、IPSなし、VODサービスなし。実売価格1万8千円から2万2千円です。

唯一海外メーカーと価格勝負ができそうなメーカー、アイリスオーヤマ。勢いのある日本メーカーの一つです。

ハイセンスと比較して、IPS機能こそないものの価格は同等です。録画も 2チューナー内蔵 していますので、視聴しながらの裏番組録画も可能です。

HDMI端子は2つ、珍しいのは、 USB端子も2つ あること。他社に比べてUSB端子が1つ多くなっています。最近では、ゲームでもよく使うので、多いことに越したことはないです。

ゲームをする際、音はBluetoothで飛ばしたいという時、機器をUSB端子につなぎます。そうすると、ゲーム用がなくなってしまうので、2つあると便利です。

モニターとしても活躍しそう なので、一応テレビも見たい方で通常モニターとして使うことが多い場合におすすめの機種ではないでしょうか。

24WB10 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

REGZA 24S22(東芝)

おすすめのポイント

24インチとなると、パソコンデスクに置いても見やすい大きさのテレビとなります。テレビとして使うとしたら、 別売りのHDD(ハードディスク)を付けたら、テレビ番組を録画することもできる ので価格が安い割には十分な機能があるのでおすすめです。地上波デジタルも、BSもCSも見ることができます。

モニターとして使うのにも適していて、HDMI端子が2つも付いています。人気のYouTubeやabemaTVなどのVOD機能がありませんので、シンプルで設定などの時迷いません。重さも3kgほどしかありませんので、 家の中で簡単に持ち運びができる のも便利です。

購入者の方の評価も比較的良くて、満足度が高いおすすめ機種です。部屋に人気のレグザがあると言うと、それだけで何だか嬉しくなってしまいますね。

REGZA 24S22 のスペック

【画質】 HD 【パネル】 液晶 【外付けHDD】 〇 【HDMI端子】 2
【チューナー】地デジ:2 BS:2 CS:2 BS 4K:0 CS 4K:0
【VOD】

REGZA 24S22 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

24A50(ハイセンス)

おすすめのポイント

ハイセンスと言うと、安いとはいえ中国企業なので、それだけで敬遠される方もおられます。ところが、この 24インチくらいの液晶テレビだと、日本メーカーもなかなか特色を出せずに価格競争になりがち です。

そんな中、基本はおさえていて、 価格が安い 商品をハイセンスが出しているので、隠れた人気となっています。

チューナーも2つ搭載しているので、 別売りのHDD(ハードディスク)を取り付ければ、裏番組の録画もできます 。HDMI端子も2機付いているので、パソコンとゲームなど2つを指したままにできます。

一番の魅力は、何といっても他社の日本メーカーよりも価格が安いことです。日本製の人気商品は、実売価格で3万円~4万円くらいの間が多いのですが、 ハイセンスは2万円を割ったくらいのかなり安い価格 で買うことができます。

実に半額くらいなので、割り切って買ったのかもしれませんが、買った方の満足度はかなり高いので、メーカーにこだわらず、安いものがいいという方におすすめの機種です。

24A50 のスペック

【画質】 HD 【パネル】 液晶 【外付けHDD】 〇 【HDMI端子】 2
【チューナー】地デジ:2 BS:2 CS:2 BS 4K:0 CS 4K:0
【VOD】

24A50 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

VIERA TH-24G300(パナソニック)

おすすめのポイント

部屋に置くテレビ、モニターとしては、十分な機能を持っています。24インチの手ごろなサイズの画面と、地デジ、BS/CS放送を見ることができる人気機種です。

別売りのHDD(ハードディスク)を取り付ければ、裏番組の録画もできておすすめです。

YouTubeやAndroid TV、AmazonビデオなどのVODサービスはありませんが、モニターとして使うことも可能なサイズなので、パソコンをつなげば全く問題なし。それよりも、値段が安い方がいいというユーザーの希望を叶えた仕様となっています。

それでも、ビエラの意地があるのでしょうか。 録画した番組を他の部屋でも見る ことができる、 お部屋ジャンプリンク機能 は使えます。

モニターに人気のビエラって少し贅沢です。もちろんテレビと兼用で使えるので自分へのご褒美に選ばれるのもおすすめです。

VIERA TH-24G300 のスペック

【画質】 HD 【パネル】 液晶 【外付けHDD】 〇 【HDMI端子】 2
【チューナー】地デジ:2 BS:2 CS:2 BS 4K:0 CS 4K:0
【VOD】

VIERA TH-24G300 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

最新人気 22/24インチ 液晶テレビ トップ10

◆ 先頭へ 【 おすすめ 22-24型 液晶テレビ 売れ筋ランキング TOP10