今すぐ 電気ケトル の購入を検討中の人におすすめ人気機種は!?

おすすめの人気電気ケトル:2020年8月更新

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.アプレシア プラス 0.8L
 (ティファール:HP
 2014年10月 0-1万価格比較
2.わく子 PCL-A100
 (タイガー魔法瓶:HP
 2019年8月 0-1万価格比較
3.ジャスティン プラス 1.2L
 (ティファール:HP
 2014年12月 0-1万価格比較

ベスト10まで確認
電気ケトル【 売れ筋ベスト10 】

電気ケトル レビュー&選ぶときのポイント

もし、あなたが電気ケトルを持っていないならば、絶対におすすめで 買った方が良い理由 をまずはレビューします。

電気ケトルの話をすると、要するに電気ポットで事足りるのでしょう、と言われる方がおられます。ところが、全く違うという事からレビューしたいです。

まずおすすめなのは 電気ポットよりも、電気ケトルの方が、 お湯が早く沸きます

コーヒーやお茶が飲みたいと思ったときに、結果早く飲めるのは、電気ポットではなく、電気ケトルなのです。これが最近の電気ケトル人気の秘訣です。

文字通り、電気ケトルなのだという事から知っていただきたいと思います。

若い方がお湯を欲しいときはもちろんのこと、年配の方ほど、お湯が欲しいときは出来るだけ早く欲しい傾向にあるようなので、お年寄りの方にも電気ケトルはおすすめです。

そして、火にかける やかんよりも、電気ケトルの方が 安全で経済的 だという面からもおすすめですね。

ガスで火にかけるやかんの場合、見えている火の 40%くらいは、やかんを温める ことに使われていますが、 60%は大気に放出 され、キッチンを暑くする原因となっています。

ガスの場合、半分以上を熱を捨てていると言うとすごく損をした気がしないでしょうか。

電気の場合、ヒーターが電気ケトルの水が入る部分の底に張り巡らされていて、 ヒーターの熱は、ほぼ全部水に伝わる ようになっているのです。その分、早くお湯が沸くと言っても良いでしょうし、 エコ なのでやかん派の方もこの機に電気ケトルへの乗り換えをおすすめします。

イニシャルコストと言って、商品代金自体の購入価格も違います。電気ポットの場合は、温める機構もさることながら、温かさを保つための保温機構がかなり頑丈で、コストは高めになってしまいます。

いつでも欲しいだけお湯が飲めると言うのが、電気ポットの考え方と言っていいでしょう。

一方、電気ケトルの場合は、 飲みたいときに飲みたい量だけお湯がすぐに沸く というのがおすすめのポイントです。

いつでも大量にお湯を準備し続ける電気ポットと、欲しいときに欲しいだけお湯がすぐ沸く電気ケトルでは、考え方が全く違うので、ランニングコストも違います。

電気ケトルの方が 、本体自体の構造も簡単で、加熱の機構も単純で 安い のでおすすめです。

すぐにお湯が沸くので、保温機構も不要で、本体の価格から安いです。さらに、お湯を沸かした後、保温する機構がない機種が多く、ランニングコストも驚くほど安いです。

電気ポットを1日12時間使ったとしたら、1年間の電気代は5500円ほどになってしまうと言うデータもあります。一方で、電気ケトルの場合は、欲しいときに必要な量を沸かすとして、1年間で3200円ほどだと言われています。

その差額は2300円。1年間使うだけで、安価な電気ケトルの商品代金分くらいランニングコストが安いと言えます。1年間使い続けるだけで、差額で格安電気ケトルが買えてしまいます。1日1日の差はわずかに思えるかもしれませんが、たった1年で劇的な差が出てくるので、価格面でも電気ケトルがおすすめだと言えます。

それを知った上で、電気ケトルを見ると、とても魅力的に見えてくると思います。いくつかポイントをおさえてみていきましょう。

・消費電力
・容量
・その他の機能

これくらいはチェックしておきましょう。

■電気ケトルの消費電力

消費電力は、ヒーターの能力に関係しています。
数値が大きいほど 、電気をたくさん使いますが、結果 早くお湯が沸く ので電気代は安いという事もあります。
消費電力は大きい方が有利ですが、あまり囚われる必要はありません。

■電気ケトルの容量

こちらの容量は、水の容量のことです。水はたくさん入った方が有利そうですが、一度にたくさんのお湯を沸かすと時間がかかり、電気ケトルの利便性が低下します。

一度にどれくらいの量のお湯が必要か 考えて、容量を選ぶことをおすすめします。

たとえば、コーヒーを飲もうと思ったら200cc程度あれば十分なのです。この量ならば、電気ケトルならば1分前後でお湯が沸きます。

この速さが、電気ケトルの人気の秘訣であり、便利さの重要な要素といえます。

おすすめ人気電気ケトル3選

電気ケトルのおすすめ最新人気機種ベスト3 ⇒ 先頭へ