おすすめの人気機種 ロボット掃除機

最新 ロボット掃除機 2020年-売れ筋ランキングトップ10

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.ルンバ980 R980060(iRobot:HP
 2015年10月 5-7万価格比較
2.ルンバs9+ s955860(iRobot:HP
 2020年2月 16-18万価格比較
3.Eufy RoboVac G10 Hybrid(ANKER:HP
 2020年1月 2-4万価格比較
4.ルンバi7 i715060(iRobot:HP
 2019年2月 10-11万価格比較
5.ルンバ671 R671060(iRobot:HP
 2020年2月 4-5万価格比較
6.RULO MC-RS520(パナソニック:HP
 2019年10月 6-8万価格比較
7.ルンバi7+ i755060(iRobot:HP
 2019年3月 10-13万価格比較
8.RULO mini MC-RSC10(パナソニック:HP
 2019年2月 4-5万価格比較
9.RULO MC-RSF1000(パナソニック:HP
 2020年4月 14-16万価格比較
10.Dyson 360 Heurist RB02 BN(ダイソン:HP
 2019年2月 9-10万価格比較

<選び方> ⇒ 掃除機の選び方と比較ポイント

ロボット掃除機の選び方

ロボット掃除機と言えば、iRobot社の物ばかりだったのですが、最近では「 ロボット掃除機 」と言うジャンルも市民権を得て、色々な会社も作り始めました。

最初は盲目的にブラシを回転させながら吸って回るものでしたが、最近では赤外線で、活動エリアを制限できたり、カメラが付いていて、汚れやごみを探して吸うようになっていたり、部屋全体をマッピングして どこを掃除すべきか掃除機が判断 したりできるのです。

価格も1万円以下の安い物から10万円を超えるものまで様々。

拭き掃除ができるものがあり、単体で使ったり、 吸引機と拭き掃除器で連動して掃除 をするものまであります。

それぞれの特色を良く知った上で、あなたの 部屋にあったロボット掃除機 を選ばれてください。

おすすめ人気 ロボット掃除機:ピックアップ&レビュー

※価格は2020年9月時点

ルンバ980 R980060(iRobot)

実売価格、5万6千円から8万ぐらいです。

充電3時間で120分活動できます。吸引するタイプで形状は丸形です。ルンバの中でも上位モデルとなっています。 カーペットブースト機能 が省略したモデルもありますが、こちらはフルで付いているタイプ。

厚めのカーペットでも楽々乗り越えて移動します。カメラ搭載で、 部屋をマッピングして掃除 していきます。部屋によってはこの機種だけでOKで、 掃除機をかける作業自体無くなって しまうかもしれません。結構ゴミを吸ってくれます。

センサーも付属 で、エリアを制限することができます。落下防止センサーもあるので、階段があっても安心です。価格的に安いわけではありませんが、 初めてのロボット掃除機としてはおすすめ です。iRobotで迷ったらこれを選んでおけば失敗はないでしょう。

ルンバ980 R980060 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

ルンバs9+ s955860(iRobot)

実売価格、16万7千円から18万8千円です。

充電3時間で120分活動できます。吸引するタイプで形状は丸形です。丸形状と言いつつもアルファベットの「 D 」のような形状になっています。

ゴム製デュアルアクションブラシ搭載で、従来の物より 40倍の吸引力 となっています。この数字だけで、どれだけ吸塵できるようになったのか頼もしいです。

センサーで空間も認識 してくれるし、清掃済みのエリアとこれから清掃するエリアも判別も自動でやってくれます。形状の工夫で、壁側ギリギリまでしっかり吸塵してくれるようになっています。ブラシが付いているので、 コーナーの角の角まで ゴミをかき出して吸ってくれます。

クリーンベースも付属で、 掃除30回分のごみを溜めてくれます 。こまめに捨てる必要が無いので、ますます楽になります。

ルンバs9+ s955860 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

Eufy RoboVac G10 Hybrid(ANKER)

実売価格、2万7千円ぐらいです。

充電5~6時間で80分活動してくれます。充電の効率はあまりよくないようです。ルンバとの一番の違いは 価格が安い ことです。

ANKERと言えば、スマホ周辺機器やパソコン周辺機器のイメージが強いですが、ロボット掃除機も手掛けています。吸塵だけではなく、 拭き掃除までやってくれる 1台です。

ジャイロセンサーと加速度センサー搭載で、本体の位置と進行方向を自動で判断してくれます。 衝突防止機能や落下防止センサー 、も付いていて、充電残量が少なくなると 自動で充電ステーションへ戻る機能 も付いています。ちなみに、充電が終了すると活動を終了したり、再開したりも設定できます。

価格もかなり安いですし、欲しい機能は一通り付いているので、ロボット掃除機を買ってみたいと思った場合におすすめの機種だと思います。

Eufy RoboVac G10 Hybrid の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

ルンバi7 i715060(iRobot)

実売価格、9万9千円から11万円です。

充電3時間で75分活動できます。吸引するタイプで形状は丸形です。

ルンバ600シリーズと比較して 10倍の吸引力 が魅力です。 部屋の環境をカメラなどで学習して記憶 して、最適なパターンで清掃してくれます。かなり賢くなっています。

こちらも クリーンベースが付属 していて、ダストカップ30杯分収納できるので、ゴミ捨ての手間が少なくなっています。

当然、 禁止エリアも設定できる ので、ペットのエサを置いている周辺は近づかせないなども設定できます。

拭き掃除をする プラーバとの連携 も出来て、吸塵作業の後に、拭き掃除が付いていく、と言うような使い方もできます。

スマホのアプリと連携 して、各種設定を編集することができます。ルンバの中でも全てそろっているタイプで、少し値は張りますがお財布が許せば手に入れたい機種です。

ルンバi7 i715060 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

RULO MC-RS520(パナソニック)

実売価格、6万8千円から8万4千円です。

充電3時間で100分活動できます。吸引するタイプで形状は珍しく3角形です。 ルーロの三角形 という、どの角度で測っても重心を通る線ならば全て同じ長さになるという特別な三角形です。

この形状ならば、部屋の角でもかなり深いところまではいります。さらに、ブラシを持っているので、 ゴミをかき出して吸う ことができるようになっています。

スマホ連携 も出来ていて、障害物検知などルンバに出来ることは、ルーロにもほとんどできます。

パナソニック独自の機能としては、 クリーン検知機能 があります。約20 μmの微細なハウスダストまで検知してくれ、きれいになったらランプが赤から青に変わります。

お掃除ロボが働いてくれるのは人間が留守の時などが中心だと思うので、本当にきれいになったのかを疑いますが、青ランプになっているのを見ると きれいになったと実感 できるので個人的には好きです。

RULO MC-RS520 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

ルンバi7+ i755060(iRobot)

おすすめのポイント

ロボット掃除機の代名詞 と言っても良い人気機種です。 ルンバ はiRobotの製品です。

床を走るルンバも当初はじゅうたんなどでハマってしまい動けなくなったりしていました。最近の機種では2cmくらいの段差までなら乗り越えていくようになりさらにおすすめのロボット掃除機に進化しました。

また、禁止エリアも以前は赤外線が出る器具をセットして、そこよりも先には行かせないようにしていたのですが、この機種ではアプリで設定できるので、余計な付属品を買わなくてよくなったの人気を後押ししています。

部屋を縦横無尽に動いていたルンバもこの機種では、 汚れを自動的に見つけてそこを重点的に掃除する機能 が追加されています。あなたが機種選びで失敗したくない時は、 この人気機種を選べば間違いない というおすすめ製品だと言えますね。

ルンバi7+ i755060 のスペック

【タイプ】 ロボット 【形状】 丸型 【集じん方式】 ダストステーション(自動)
【連続使用時間】 最大75分 【充電時間】3時間
【スケジュール・タイマー予約】 iRobot HOME アプリ
【スマートスピーカー】 Googleアシスタント、Amazon Alexa

ルンバi7+ i755060 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

RULO mini MC-RSC10(パナソニック)

おすすめのポイント

この製品の名称にもなっているルーローは、この製品が出るまでは数学の教科書の中くらいしか見ない名称でした。ちなみにルーローはドイツの機械工学者の名前です。

狭いエリアで引っ掛からずに動くことができる形状は、円とルーローの三角形だけなので、ロータリーエンジンやサプリメントの形状に使われています。円よりもスムーズに転がらないことから、ロボット掃除機としては有利と言えます。色々な方向を向くからです。

ルンバも使ったことがある人の感想としては、 ルンバに比べて静か なのがおすすめポイントだということです。 夜でも使える というのは、あなたの生活スタイルによってはかなり魅力だと言えますね。

集めたごみ を自動で捨てる機能はないのですが、 簡単に捨てることができる機能 になっているので、家によっては掃除と言う家事自体を完全に任せても大丈夫なのでじわじわ人気が出てきています。

RULO mini MC-RSC10 のスペック

【タイプ】 ロボット 【形状】 三角 【集じん方式】 ダストボックス
【連続使用時間】 最大80分 【充電時間】3時間
【スケジュール・タイマー予約】 タイマー予約可

RULO mini MC-RSC10 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

Dyson 360 Heurist RB02 BN(ダイソン)

おすすめのポイント

ダイソンのロボット掃除機です。掃除機においてダイソンは圧倒的な人気メーカーですが、ロボット掃除機においてもiRobotに負けてはいけないとダイソンが思ったかどうかは分かりませんが、突如ロボット掃除機業界に乗り込んできました。

丸型なのですが、ダイソンらしくダストカップの部分が透明になっていて、取れたごみが見れるようになっているのが人気となっています。さらに、 吸引の機構はダイソンの掃除機の機構 が使われています。

他社品は、ブラシでごみを巻き上げて吸うと言うスタイルの物が多いのですが、この製品は、ダイソンの掃除機と同じく自慢のカーボンファイバーブラシで掻き上げ、吸っていきます。あなたもダイソンの機構を見たらダイソンじゃないと、と思うかもしれません。

専用アプリ もあって、ダイソンの本気を感じるおすすめのロボット掃除機と言えます。

Dyson 360 Heurist RB02 BN のスペック

【タイプ】 ロボット 【形状】 丸型 【集じん方式】 サイクロン
【連続使用時間】 最大75分 【充電時間】2時間45分
【スケジュール・タイマー予約】 Dyson Link アプリ

Dyson 360 Heurist RB02 BN の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

最新人気 ロボット掃除機 トップ10

◆ 先頭へ 【 おすすめ ロボット掃除機 売れ筋ランキング TOP10