今すぐ デジタル一眼レフカメラ の購入を検討中の人におすすめ人気機種は!?

おすすめの人気 一眼レフカメラ

おすすめの人気デジタル一眼レフカメラ

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.D780 ボディ(ニコン:HP
 2020年1月 20-23万価格比較
2.EOS-1D X Mark III ボディ
 (CANON:HP
 2020年2月 60-90万価格比較
3.EOS 90D ボディ(CANON:HP
 2019年9月 13-15万価格比較

ベスト10まで確認
デジタル一眼レフカメラ【 売れ筋ベスト10 】

おすすめの人気ミラーレス一眼レフカメラ

1.FUJIFILM X-T4 ボディ
 (富士フイルム:HP
 2020年5月 19-21万価格比較
2.OM-D E-M1 Mark III ボディ
 (オリンパス:HP
 2020年2月 17-20万価格比較
3.EOS RP RF24-105 IS STM レンズキット(CANON:HP
 2020年4月 17-20万価格比較

ベスト10まで確認
ミラーレス一眼レフカメラ【 売れ筋ベスト10 】

デジタル一眼レフカメラ レビュー&選ぶときのポイント

あなたが、良いカメラがほしいと思うときはどんなときでしょう。もしかしたら、お子さんが 運動会や発表会 に出る時なのかもしれません。

それとも若者に人気の インスタ などのSNSに、料理や風景の画像をアップしようと思った時かもしれません。

ポケットに入るデジカメも使いやすくて人気ですが、本当に良い写真を撮ろうと思ったり、プロみたいな写真を撮ろうと思ったりしたら、カメラもそれなりの物を買うことをおすすめします。

そんな時に、 一眼レフカメラミラーレスカメラ について知ることは避けられないのです。

出来るだけ簡単にどこに注目してカメラを選んだらいいのか、このページではレビューしたいと思います。あなたの都合に合ったカメラを選ぶ資料になれば幸いです。

良いカメラを選ぶには、以下のような点をおさえておくことをおすすめします。
・一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ
・アナログ(フィルム)/デジタル
・画素数
・レンズ
・感度

■一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ

まずは、写真が趣味という方に人気の一眼レフカメラですが、一番簡単に言うと、これは カメラとレンズが別々の部品 で、 取り外しができるカメラ の事です。

カメラの本体の中では、レンズから入った光が、ハーフミラーで2つに分けられて、画像になるための光軸と、人間がファインダーからどんな風に見えているかをチェックするための光軸に分かれます。

プロっぽくてかっこいいカメラだということで、人気があり憧れる方も多いです。

レンズも自分好みの物に交換できる ので、あなたの財布事情に合った本体、レンズを選ぶことも出来るのです。

一方で、こだわる方の意見としては、途中で光軸が分かれるので厳密にいえば、ファインダーから見えている像と、写る像は違うと言うことがあります。

フィルムに映していた昔だと、写っている範囲や色のずれは致命的なことがありましたが、最近ではプロもデジタルカメラを使っているので、光軸は分かれないのです。

像を受け取るイメージセンサーの像をそのままファインダーに映しているのです。写っている範囲や、色などもズレなく見ることができるようになっているので安心しておすすめできます。

一方、ミラーレスカメラは、昔の一眼レフカメラの弱点を解消するために生まれたのですが、最近ではこちらもデジタル化していて人気が出てきています。

レンズとカメラ本体が一体化 した良いカメラと言う認識で良いと思います。コンパクトで持ち運びにも便利なのでおすすめです。

女性がカメラを持ってSNSに投稿するという文化を作った一因となったと言っても良いでしょう。

最近では、デジタル化が進んでいるので、一眼レフとミラーレスの定義があいまいなものもあります。それは、 ミラーレス一眼 などと呼ばれることもあります。

■アナログ(フィルム)かデジタルか

カメラは、昔ながらのフィルム式とデジタル式があります。

最近では、 ほとんどがデジタル式 です。

フィルム式は、独特の味わいがあって愛好家には人気がありますが、SNSなどにアップするにはひと手間必要です。さらに、現像にもひと手間もふた手間もかかるので、SNSに投稿する目的の方には、フィルムカメラはおすすめできません。

デジタルならば、画像データとして パソコンなどにも取り込みやすく 、編集などもしやすいのでパソコンで色々加工したい人に人気です。

もっとも有益でおすすめポイントなのは、 映してすぐにその画像を確認 することができるという点だと言えます。

■デジタル一眼レフカメラの画素数

こちらは、デジタルの話になるのですが、画素数も重要です。やはり一般的には 画素数が高い方が人気 があります。

これは、1枚の画像をいくつの点で表現するかというものです。点が1つだとしたら、画像は全部赤とか、白とか、そういったものになります。1000万画素の場合は、縦2736×横3648(=約1000万)の点の集合で像を表現するのです。

画素数は大きければ大きいほど精密な写真が撮れるので、画質にこだわる方にはおすすめですが、その分金額は高くなっていきます。

写真は、画素数とレンズのバランスなので、画素数を高すぎるものを選ぶ必要はありません。

パソコンのプリンタで印刷しても最近のデジタルカメラなら、 ほとんど画質の差が分からない ぐらいきれいです。

写真を引き伸ばしてポスターのようなものを作るときには、画素数ができるだけ大きいカメラをおすすめしますが、そうでなければ最近発売されたものはどれも十分な画素数がありますので、 画素数にあまりこだわる必要はない でしょう。

■デジタル一眼レフカメラのレンズ

レンズはこれまたピンからキリまであります。中古屋さんで1個500円の物もあれば、人気のものだとレンズだけで20万円以上するものもあります。

焦点距離という、どこでピントが合うかによって選ぶレンズが変わってきます。

人間の目は、目の前の爪の傷もくっきり見えますし、遠くの山の形もくっきり見えます。

ところが、レンズは 近くなら近くだけ遠くなら遠くだけ 、とかなり限定されます。広い範囲見れるレンズもあることはありますが、かなり高額でよほどお金がある人以外にはおすすめできません

通常はテーブル上の料理の写真を撮るのか、運動会で運動場のお子さんを撮るのか、山の上から街を撮るのかによってレンズは全然違うものになってしまうのです。

最近のスマホならば1000万画素の物などもありますが、 一眼レフの方がきれいな写真になる のは レンズに違いがある のです。

スマホのレンズの多くはプラスチックレンズで、どうしても暗いです。一眼レフで使われるレンズは価格も上がりますが、写真もきれいな写真が撮れるので画質にこだわる方にはおすすめです。

予算があれば近距離用と遠距離用の二つのレンズを購入して、 用途によってレンズを使い分ける のが一番おすすめです。

■デジタル一眼レフカメラのISO感度

感度は、ISO感度(いそかんど)などと言われますが、 明るさの国際基準 です。

明るいなら明るい方が良いだろうと思われるかもしれませんが、あまりにISO感度が高いと画像の点々が目立つようになり「ざらざらした画像」と表現するような画像になります。

何事もちょうどいいというものがあります。

夜空や夜景などを暗いところで星など光を撮影するような場合で、三脚が使えないようなときはISO感度を上げて撮影するときれいな画像になります。

デジカメの場合は、自分で設定できるので、100~3200くらいまで対応していれば十分だと言えます。

フィルムカメラの場合は、昭和の話になりますが、400と800のフィルムを持っていたら普通の写真は十分でした。

上記のように、スペックは高ければいいという訳ではなく、 用途に合わせて、最適なものを選ぶ ことで値段も節約できるし、より好みの画像になるのでおすすめです。

おすすめ人気 デジタル一眼レフカメラ5選

デジタル一眼レフカメラのおすすめ最新人気機種ベスト5 ⇒ 先頭へ