おすすめの人気 8K液晶テレビ LG電子 NANO99JNAシリーズ:価格比較

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.65NANO99JNA(LG電子:HP
 2020年6月 40-65万価格比較
2.75NANO99JNA(LG電子:HP
 2020年6月 50-85万価格比較

その他のテレビ ⇒ テレビ一覧

NANO99JNAシリーズ レビュー&選ぶときのポイント

あなたは 8K液晶テレビ を探すのは、意外なほど難しいと感じたことはないでしょうか。
時代は、2K→4Kと進んできて、8Kテレビもちらほら出てきました。

そんな中、8Kという超高画質な映像のためのテレビには、 超高精細なパネルとそれに見合う映像エンジン が必要です。
日本国内で8Kパネルの開発は何とか出来ているのですが、生産できているメーカーはありません。

日本製のテレビがどこのパネルを使っているかと言えば、LGをはじめとした海外メーカーです。
技術力もさることながら、コスト的に合わないのが理由のようです。
75型の8K液晶テレビは、LGの製品でも実売価格80万円を超えています。(2020年5月時点)

日本のメーカーを含めても、8Kテレビは60型以上で、価格も40万円を切るものはほとんどありません。
それならば、 パネルを作っているメーカーの製品 を買うのが、価格的にもお得で、おすすめな選び方ではないでしょうか。
安い買い物じゃないので、じっくり検討する必要があります。

■パネルサイズ

8Kともなると高級機種しかありませんので、サイズも65型、75型の2サイズのみです。
これだけの大きさのパネルを生産できる技術力はすごいと言えます。
大画面を求める人には人気のサイズなのですが、残念ながら日本国内では商業ベースに乗っているところはないみたいです。

65型だと画面から2m離れたくらいが見やすい距離です。75型も同じくらいで大丈夫でしょう。
そうなると、リビングの形状にもよりますが15畳~20畳くらいになってくるでしょうか。

壁掛けにしたいところですが、本体重量は、75型で40kg、65型で32kgくらいあり、専用の壁掛け器具が必要になってきますね。
インターネットで、 壁掛け用金具 で65型、75型に対応したものを探してみると、 約2万円弱 かかりそうです。

固定する壁もボードの場合は、その裏の軽量鉄骨までねじを貫通させる必要が出てくるので、金属探知機くらいは必要そうです。
一見、安そうですが、素人の方には少しハードルが高くなってくるかもしれませんね。
カッコよさを求める方には人気ですが、あまりおすすめではありません。

そうなると、テレビ台の上に置くことになるのですが、価格は3万円~5万円くらいしそうです。
安全性なども考えるとかえって安くつくでしょう。
テレビを検討されるときは、テレビ台も考慮しておいた方が良いでしょう

■映像

NANO99JNAシリーズの映像は、やっぱり迫力があります。
大画面と言うこともありますが、 8Kだと息を呑むほどの高精細 です。
くっきりしているという印象なのですが、一番驚いたのは、拡大した時です。

普段動画を拡大することなどないのですが、子供の運動会の動画を拡大した時の事です。
画面の右上に映っている(であろう)子供の動画を一部拡大してみました。
通常なら、目が粗くなって見れたものじゃありません。
ところが、 8Kだとかなり細かな点の情報を持っています

2倍、4倍、8倍と倍率を上げても映像は綺麗なままです。
16倍まで来ると元々よりは画質が落ちたと感じましたが、それでもハイビジョンと比べても見劣りするものではありませんでした。

通常その威力を実感数シーンは少ないのですが、 いざという時に綺麗な映像が残せます
未来の人に現代の状況を伝えるとしたら、やっぱり出来るだけ綺麗な映像がいいですからね。

■HDRで映像が鮮やかでくっきり

人気の機能なので、スマホのカメラにもHDRが採用されてきているので、スマホでHDR機能を使っている場合は馴染みが出てきたかもしれません。

暗い所を撮影した動画を見ても、ハイビジョンテレビで映したらきっと黒単に黒1色になるであろう動画も、 子供の寝顔まで映し出す 事ができるのです。
一昔前だったら暗視カメラなどを準備したかもしれませんが、HDRがあれば、よほど暗くないと失敗しません。

逆に明かるところの映像も、白く飛んでしまうようなことはなく、 しっかりと輪郭を映し出してくれます
夏の照りつける太陽や海の光の反射も、目で見たものとほぼ変わりなく見ることができます。

■ネットとの連携

最近のテレビの事を考えると、ネットとの連携は必須と言えます。
このNANO99JNAシリーズも当然ネットと連携しています。

NETFLIX、prime video、huluなど人気コンテンツが4Kに対応した動画で楽しめます。
テレビとしては、8Kに対応していますので、4Kの映像を映し出してもまだまだ余裕があります。

リビングで、 大画面テレビでネット動画を見たい場合はかなりおすすめ です。
これまでレンタルDVDを借りに行っていたのならば、お店までの往復の手間と時間が節約になったうえに、お金の面でも安く済みそうです。

■映像の速さ

映像の速さもチェックポイントの一つとなってきました。その理由として挙げられるのが、ネットのゲームです。
表示が遅れるとゲームをしていても違和感を感じたり、対戦型だと負けてしまったり、と不都合が出てきます。

その点、NANO99JNAシリーズは、 画面は大きいのに映像は速く、ゲーム用モニターとしても活躍 してくれます。

■基本機能も充実

8Kチューナーを1つ、BS4K/CS4Kを3つ、BS/CSを3つ、地上波を3つと たくさんのチューナー を備えています。
別売りの外付けHDDをつけるだけで、裏番組を録画することもできます。

ドラマなど、見たらすぐ消すような使い方の場合、わざわざレコーダーを買わなくても良いので、価格も安いのでお得で、おすすめです。

できるだけきれいな映像を求めて8Kテレビを探しているという方に、基本機能はおさえていながら、パネル選びでも失敗したくない場合、LGのNANO99JNAシリーズはおすすめの機種ではないでしょうか。

日本メーカーはまだ8Kに参入しているのは一部です。 みんなよりも一足先に8Kを楽しみたいと思ったらLGのNANO99JNAシリーズは有力な選択肢の1つとなり 得るでしょう。

おすすめ人気 液晶テレビ NANO99JNAシリーズ:レビュー&価格比較

NANO99JNAシリーズ ⇒ 先頭へ