おすすめの人気機種 掃除機

最新 掃除機 2020年-売れ筋ランキングトップ10

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF(ダイソン:HP
 2020年6月 6-8万価格比較
2.Dyson Digital Slim Fluffy Origin SV18 FF ENT(ダイソン:HP
 2020年6月 5-7万価格比較
3.MC-PK21G(パナソニック:HP
 2020年2月 2-3万価格比較
4.Dyson V7 Fluffy Origin SV11 TI(ダイソン:HP
 2020年5月 3-4万価格比較
5.パワーコードレス MC-SBU840K(パナソニック:HP
 2020年7月 8-10万価格比較
6.MC-PK21A(パナソニック:HP
 2020年2月 1-2万価格比較
7.トルネオ ミニ VC-CF30(東芝:HP
 2020年6月 2-3万価格比較
8.ラクかるスティック PV-BL20G(日立:HP
 2020年3月 4-5万価格比較
9.Be-K TC-FM2X(三菱電機:HP
 2020年2月 1-3万価格比較
10.ラクかるスティック PV-BL10G(日立:HP
 2020年3月 3-4万価格比較

<選び方> ⇒ 掃除機の選び方と比較ポイント

掃除機の選び方

掃除機を選ぶ時、形状、集塵方式、ヘッド、価格など 色々な点 で選ばないといけません。今回は売れ筋商品を中心に掃除機をレビューしたいと思います。

共通点があまりない掃除機を比較するとき、手掛かりになるのが「 吸引力 」です。吸わない掃除機は役立たずですから。ただ、実際にゴミをどれくらい吸い込むかは、吸引力ではなく、「 吸込仕事率 」で表されます。

スティックタイプでは100~250ワット、紙パック式やサイクロン式の高機能タイプでは400~600ワット程度の吸引仕事率となっています。以下の機種ではそれぞれ、吸引仕事率もレビューしますので、参考にされてください。

絨毯の奥に入ってしまっているゴミは、吸引仕事率300W以上必要とされています。つまり、普通のスティックタイプでは能力が足りないのです。最近の機種ではスティックタイプでも 高機能タイプが出ている ので、そのあたりもチェックされてください。

おすすめ人気 掃除機:ピックアップ&レビュー

※価格は2020年9月時点

Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF(ダイソン)

実売価格、5万7千円から6万6千円。吸引仕事率:100W。

言わずと知れた人気のダイソンです。 日本の掃除機の歴史を変えた と言われています。

集塵方式は サイクロン式 で、使い捨ての紙フィルターはありません。充電式で、充電時間は3.5時間で、エコモードなら40分使えます。ちなみに、中モードで25分、強モードで5分です。

ダストケースは 丸洗い できます。フィルターも使い捨てではなく、洗って使えます。

Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FFは従来機とダストカップの方向が変わったので、重心の位置が変わって 持ちやすく なりました。さらに、重さが20%小さくなって、25%軽くなったので女性でも持ちやすくなりました。スティックタイプは全部を持って歩くことになるので、掃除をする20分間もしたら手が疲れる人もいました。

トリガーがあって、動かしたり、止めたりするのも簡単なのですが、掃除をする間ずっと握っておかないといけないので、ロック機構が欲しいところです。

Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

MC-PK21G(パナソニック)

実売価格、2万2千円から2万6千円。吸引仕事率:600W。

昔ながらの掃除機です。 紙パック式の掃除機 なので、紙パックがいっぱいになったら捨てることができます。

ヘッドにはモーターが搭載されていて、 狭い場所でもブラシが回転 してゴミを書き出して吸い込んでくれます。モーターなしタイプの掃除機だとヘッドが少し浮くとブラシが回らないので、少し不安になります。

そのヘッドには、拭き掃除能力もあります。さらに、「 エアダストキャッチャー 」では簡易的な空気清浄機のような機能です。掃除機上部の空間までゴミを取ってくれます。

ポンと踏むとヘッドが外れて、狭いところに入る「 親子ノズル 」があります。本体は2.7kgで軽めなので、右手でノズル、左手に本体を持って移動しながら掃除スタイルの場合はおすすめです。

MC-PK21G の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

トルネオ ミニ VC-CF30(東芝)

実売価格、2万1千円から2万5千円。吸引仕事率:290W。

本体を床の上に置いて、人が移動するとキャスターで付いてくる キャニスター式の掃除機 です。集塵は、サイクロン式で、紙フィルターはありません。洗って何度も使えるフィルターはあります。

ヘッドにモーターが搭載 されているので、ヘッドが少し浮いてもブラシは回転するので、掃除はしやすいと思います。

ダストカップには 帯電防止加工 がされているので、ごみを捨てるときに、細かい塵はカップに残らないようになっています。

2WAYブラシ 」はノズルに付いたブラシを使うので、別に付属品を持ち歩く必要がありません。

大きいタイプの「トルネオ」よりも一回り小さい「 トルネオミニ 」なので、持ち運びにはかなり便利です。ただ、ダストカップなども小さいので、あんまりゴミを捨てない場合はあまり向いていません。

VC-CF30 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

ラクかるスティック PV-BL20G(日立)

実売価格、4万3千円から4万7千円。吸引仕事率:不明。

日立のスティックタイプの掃除機です。集塵方式は、 サイクロン式 で、紙フィルターはありません。洗って繰り返し使うフィルターはあります。

充電式で、3.5時間の充電で、30分間使うことができます。強にしたら8分間です。

重さが約900gしかなく、1㎏を切っているので、 かなり軽い です。軽いのにヘッドには、モーターが搭載されてパワフルにゴミを書き出してくれます。

ヘッドにはライトが付いていて 、狭いところにヘッドを入れてもゴミを吸ったかチェックすることができます。

ダストカップは小さいのですが、 ダスト内でゴミは圧縮 されて、捨てやすい状態になっています。手を汚さずにごみを捨てることができるので、おすすめです。

PV-BL20G の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

パワーコードレス MC-SBU840K(パナソニック)

パナソニックもスティック掃除機を作っています。 サイクロン式 で、紙フィルターはりません。洗って再利用できるフィルターはあります。

3時間の充電で、自動で30分くらい使えます。強だと6分くらい使えます。

本体1.8kgで女性だと少し重く感じるかもしれません。ヘッドはモーター搭載で、パワフルにゴミをかき出してくれます。ヘッドには糸くずや髪の毛が絡みがちですが、この機種は 絡まないような工夫 がされているので、余計なメンテナンスの手間からまた一つ解放されます。

ゴミ捨てもワンタッチ ですので、手を汚さずにできます。ヘッドには、ごみのお知らせランプが付いています。ランプが赤いうちはまだゴミが残っていて、ごみが無くなると青くなります。見えないような細かなゴミにも反応するので、使い始めたら手放せません。

ヘッドは分離できて、狭い部分にも入るようになります。冷蔵庫の横の隙間などを掃除するときに便利です。この時 ライトがある ので、掃除がちゃんとできているかもチェックできます。

MC-SBU840K の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

Dyson V10 Fluffy SV12 FF(ダイソン)

おすすめのポイント

掃除機を語る上では一番人気のダイソンは外せなさそうです。

最近の新機種は スティックタイプ が多く、 お手軽で便利 なところがおすすめです。

その中でも最も評判がいい掃除機であるサイクロンスティッククリーナー:Dyson V10 Fluffy SV12 FFをおすすめNO.1に選定しました。

従来型のスティックタイプは、ごみかごがホースに対して直角に取り付けてあったので、無理のある変な形状をしていました。

最新の機種では、ホースに対して、平行に付いているので、 デザイン的にもすっきり しました。新しいヘッドも開発され、床の小さな溝からもごみやチリをかき出すようになっています。

スティックタイプの弱点として、これまであったのは「 どこに置いて保管するか分からない問題 」がありました。メーカーによっては、自立するようにしたり、工夫がされています。ダイソンは、 壁に充電器を固定して、それにセットする形で充電 するようになっていて収納場所にも困らないのでおすすめの掃除機です。

Dyson V10 Fluffy SV12 FF のスペック

【タイプ】 ハンディ/スティック 【集じん方式】 サイクロン 【コードレス】 〇
【連続使用時間】 最大60分 【充電時間】3.5時間 【質量】 2.58kg(含:バッテリー等)

Dyson V10 Fluffy SV12 FF の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

トルネオ ミニ VC-C7(東芝)

おすすめのポイント

ハンディータイプの掃除機と言えば人気のトルネオも外せません。

日本人が、 日本人向けに開発 した物だけあって、持ちやすくなっていたり見えないところでも工夫してあるのがおすすめポイントです。

ヘッドの取り外しができる部分でも、それぞれブラシが取り付けられていて、付属品をわざわざ持ってくる必要もありませんし、失くす心配もありません。ヘッドにもモーターが付いていて、回転させながら掃除するので、ごみの掻き出し力も強いです。

エコモード では、 ヘッドを持ち上げると1秒で回転が緩やかになる機能 が付いていたりして、日本人好みで人気があります。

ごみかごの中の ごみの量によって、吸引力を変える機能 も付いています。色々意識せず、普通に使っているだけで、掃除機が勝手に色々調整してくれていて、エコ運転してくれているのです。

ダイソンと比べて良いなぁと思う点として、価格が安いということと ヘッドがぺたんと寝かせられる ところです。これにより、 ソファの下の隙間など掃除しにくい所も簡単にノズルが入りやすく なっているのが、おすすめポイントとなります。

トルネオ ミニ VC-C7 のスペック

【タイプ】 キャニスター 【集じん方式】 サイクロン 【コードレス】 ×
【連続使用時間】 -- 【充電時間】-- 【質量】 3.6kg(含:ホース等)

トルネオ ミニ VC-C7 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

IC-SLDC4(アイリスオーヤマ)

おすすめのポイント

ダイソンとトルネオを紹介しましたが、3つ目は「アイリスオーヤマ」のIC-SLDC4です。 LCC家電ジェネリック家電 と言われている家電メーカーで、 機能を絞ることで価格が安い商品を開発 しています。

この機種は、スティックタイプなのですが、きれいになったら緑のLEDが点灯する機能も付いています。バッテリー式なのですが、 重さは1.2kgで非常に軽い のがおすすめポイントです。

普通の掃除時間は20~30分くらいなので、広い部屋には向いていません。簡単な掃除には、取り出しも片付けも簡単で適している機種だと言えます。実際に掃除機を使うと分かるのですが、 すぐに取り出して、すぐに掃除できる 掃除機は少ないです。

しっかり掃除するのは、ダイソンやトルネオにして、このアイリスオーヤマはセカンド機として、パッと手にして、パッと使うという使い方がおすすめです。

IC-SLDC4 のスペック

【タイプ】 ハンディ/スティック 【集じん方式】 紙パック 【コードレス】 〇
【連続使用時間】 最大30分 【充電時間】3時間 【質量】 1.2kg(含:バッテリー等)

IC-SLDC4 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

最新人気 掃除機 トップ10

◆ 先頭へ 【 おすすめ 掃除機 売れ筋ランキング TOP10