おすすめの人気機種 ミシン

最新 ミシン 2020年-売れ筋トップ10

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.PS202(ブラザー:HP)
 2011年2月 2-3万価格比較
2.SENSIA150 CPV7206(ブラザー:HP)
 2020年4月 2-3万価格比較
3.JN508DX(ジャノメ:HP)
 2015年5月 1-2万価格比較
4.SN1851(シンガー:HP)
 2020年4月 1-3万価格比較
5.SENSIA500 CPE0007(ブラザー:HP)
 2020年4月 4-6万価格比較
6.Dorothy SN-1(シンガー:HP)
 2020年4月 1-2万価格比較
7.SN778EX(シンガー:HP)
 2015年6月 2-4万価格比較
8.KD950(ジャガー:HP)
 2020年4月 1-2万価格比較
9.PS203(ブラザー:HP)
 2013年10月 2-3万価格比較
10.リトコ MEH-115(マクロス:HP)
 2020年7月 0.2-0.4万価格比較

ミシンの選び方

ミシンを選ぶ時に最も重要だと言えることは、 出し入れが簡単なこと です。高機能なものや、安定のために重量があるものがありますが、一度押し入れにしまい込んでしまうと、面倒になって二度と出さなくなってしまうことがあるのです。

しっかりしたものを作る場合は、重たい製品を選ぶのがいいでしょう。重たいことで、 縫う時に安定 するのと、ミシンが長持ちするのと、使っている時に静かだという3つもメリットがあります。デメリットとしては、上記の出し入れの件です。

重さの目安としては6kgを境に重たいミシンと軽いミシンに分かれているようです。

軽いタイプのミシンは、テーブルなどに吸盤で吸いつけて固定します。出し入れが手軽な分、安定性は若干劣ります。ただ、子供さんの雑巾を縫ったり、袋を作ったりする比較的 簡単な作業ならば十分 です。

最近はコンピューターミシンなど高機能なミシンも続々と発売されています。主に重さと機能について注目して、以下のレビューをご覧ください。

おすすめ人気 ミシン:ピックアップ&レビュー

※価格は2020年11月時点

PS202 (ブラザー)


実売価格:2万円から3万円
重量:4.5kg
機能:液晶モニタ、自動糸通し、厚物縫い、全自動ボタンホール

一見ポップな感じでおもちゃのように見える外観ですが、機能はバッチリです。 縫い方のタイプは20種類 もあり、通常作りたいようなものは事足りるはずです。幼稚園のお子さんの雑巾、袋、絵本カバー、縫う必要があるものが多いです。

メーカーも安心な人気メーカーのブラザーです。液晶などの派手さとボタンは少ないですが、必要なものは準備されています。

テレビなどでもデモンストレーションがある、 厚物縫い ですが、ジーンズも縫えますし、そこにさらに厚いトートバッグの持ち手を重ねても楽に縫えます。

感動するのは、 ボタン付け です。手作業でやると面倒なボタン付けが全自動でできるのです。

この辺りの動きの部分は、文字や言葉で説明されるよりも、 実際に見た方が絶対に分かりやすい です。百聞は一見に如かず、ブラザー公式が動画を準備してくれていますので確認してみてください。

ユーチューバーの方もたくさん動画を上げている機種なので、そちらも見て参考にされてください。

PS202 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

SENSIA150 CPV7206 (ブラザー)


実売価格:3万円前後
重量:4.6kg

ブラザーの コンピュータミシン です。派手さはないけれど、 シンプルで高機能 です。軽くて持ち出しも楽にできます。

コンピュータミシンとは、縫い方や縫う速度をミシンがコントロールしてくれるミシンです。上下の糸のテンションを調整する糸調子、針に糸を通す糸通し、刺繍などの 面倒な作業を全てミシンが肩代わり してくれるのです。

失敗する要素がほとんどありません 。何か間違えてもエラー音で教えてくれます。

使った方の感想としては、 静かだというのが印象的 だったみたいです。ミシンと言えば、音が大きいイメージが合います。子供さんが寝た後にこっそり縫うのは無理なイメージではないでしょうか。

このミシンならば、それも可能です。ただ、公式サイトの含めて、ほとんど情報がない商品で店頭でもほとんど見かけません。レビューの 評判は良い ようなので、思い切ってトライしてみるのも面白いと思います。

CPV7206 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

JN508DX (ジャノメ)

ジャノメもミシンメーカーとして人気メーカーの一つです。シンプルだけど、角が丸められているイメージの かわいいデザイン です。

実売価格:1万3千円から2万3千円
重量:5kg
機能:厚物縫い

まずは、 針に糸を通すのが面白い 。糸が簡単に通せる治具が付いていて、おもしろいくらい簡単に通せます。

縫う時は、フットコントローラーで踏んでスタートです。 点々ジグザグ縫い、まつり縫い、ジグザグ縫い などができます。模様はダイヤルで簡単に切り替えることができるので、簡単です。

厚物縫い という点では厚手のジーンズを3枚重ねても縫うことができます。かなりパワフルですね。ただし、買うお店によって価格差が1万円もあります。

同じものなら出来るだけ安く買いたいですよね。 おすすめはネット通販 で買う方法です。

JN508DX の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

SN1851 (シンガー)

人気ミシンメーカーの一つとして、シンガーもあります。まずは、このミシンは曲線がうまく決まった デザインがかわいくて、かっこいい です。シンガーミシンの代名詞、黒ミシンを再現した黒いミシンです。

実売価格: 2万1千円前後
重量:5kg
機能:厚物縫い

ダイヤルを切り替えるだけで 縫いたい模様を切り替える ことができます。こんなに簡単に切り替えられるのならば、誰にでも簡単に使えますね。ボタンホールだって簡単に縫うことができるのです。仕上がりがプロっぽいので、新しいものに挑戦したくなります。

針に糸を通るのも 自動針穴糸通し があります。しかも、台の一部が外れるのでフリーアームミシンとしても使えるのです。裾上げなどに大活躍です。

手元がLEDで照らされる のも、地味な機能ですが、すごく便利です。小さい中に、多機能、高機能が詰まったミシンなので、満足度が高そうです。

SN1851 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

SENSIA500 CPE0007 (ブラザー)

名前も縫うことができるコンピュータミシン はブラザーの製品です。お子さんの幼稚園のための袋を縫うとしても、刺繍で名前が入っているとワンランク上の仕上がりになりますよね。そんな夢みたいなミシンがこの機種です。

実売価格: 4万3千円前後
重量:4.6kg
機能:液晶モニタ、厚物縫い

他と比べて少し価格が高めな分、機能も高いコンピュータミシンです。当然 自動糸通し が付いています。

取扱説明書は、 絵が多くて分かりやすい です。難しい文章で書かれたものより確実に伝わりやすいです。

手元ライト も付いています。モニタで操作できるものも嬉しいです。 厚物縫いにも対応 しているので、作りたいと思うような物だったら、ほとんどに対応していると思われます。

CPE0007 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

◆ 先頭へ 【 おすすめ ミシン 売れ筋ランキング TOP10