おすすめの人気機種 プロジェクター

最新 プロジェクター 2020年-売れ筋ランキングトップ10

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.Z6 Polar Meets popIn Aladdin ZP19Z01XJ(popIn:HP
 2020年2月 4-6万価格比較
2.X10-4K(ViewSonic:HP
 2019年12月 16-19万価格比較
3.popIn Aladdin PA18U02VN
 (popIn:HP
 2018年11月 9-11万価格比較
4.BenQ TH585(BenQ:HP
 2020年2月 7-9万価格比較
5.Nebula Capsule II(ANKER:HP
 2019年6月 5-7万価格比較
6.BenQ GV1(BenQ:HP
 2019年3月 3-5万価格比較
7.dreamio EH-TW7100(EPSON:HP
 2019年11月 18-21万価格比較
8.X1326AWH(Acer:HP
 2020年2月 4-6万価格比較
9.Nebula Apollo(ANKER:HP
 2019年10月 4-6万価格比較
10.dreamio EH-TW7000(EPSON:HP
 2019年11月 17-20万価格比較

<選び方> ⇒ 最新プロジェクターの選び方と比較ポイント

おすすめ人気 プロジェクター3選:ピックアップ

X10-4K(ViewSonic)

おすすめのポイント

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

X10-4K ViewSonic [ビューソニック] 4K UHD LED プロジェクター
価格:167800円(税込、送料無料) (2020/2/22時点)

ViewSonicという一般にはあまり聞き慣れない企業ですが、 アメリカの映像機器会社 です。日本でも液晶モニターなどが有名で人気です。

そのViewSonicが作ったプロジェクターなので、映像にも注目なのです。

家庭用としては価格が高いですが、4Kにも対応しており 映像にこだわる方にはおすすめ のプロジェクターです。

デザイン的には、角がRになった真四角の箱という感じですが、シンプルゆえに飽きがこないデザインとなっています。

主に家庭用として開発されましたが、 HDMI端子に対応しているので十分 と言えます。家庭で使う場合は、あなたが使うことだけを考えれば問題ないと言えます。

接続する機器として、パソコンとレコーダーを考えていれば十分だと言えます。最近の物だとどちらもHDMI端子に対応しているので、変換など不要でそのまま接続することができます。

X10-4K のスペック

【型番】 X10-4K 【メーカー】 ViewSonic 【発売日】 2019年12月
【最大輝度】 2400ルーメン 【4K】 〇 【光源】 LED
【入力端子】 HDMI〇 D-sub15ピン× DVI× RGB×

X10-4K の最安値は!?

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

dreamio EH-TW7100(エプソン)

おすすめのポイント

dreamioは、エプソンの製品です。プリンターで馴染みがあるメーカーですが、プロジェクターも人気です。

オーソドックスなプロジェクターの形状をしていて、少し丸みを帯びています。

こちらも主に家庭用として開発されました。水銀ランプを光源としているので、スイッチを切るときは注意が必要です。

ただ、水銀ランプを使っているので、 3000ルーメンと輝度が高くて映像もかなり明るい です。熱が出るので、しっかりしたファンが付いているので、音が気になるかもしれません。

価格は高いですが、予算に余裕があり、とにかく映像は明るい方がいいという方には、この製品がおすすめです。

こちらも家庭用なので、あなたご自身が管理している物しか接続することはないでしょう。パソコンとレコーダーを接続することを考えれば、 HDMI端子に対応しているので十分 と言えます。

dreamio EH-TW7100 のスペック

【型番】 EH-TW7100 【メーカー】 エプソン 【発売日】 2019年11月
【最大輝度】 3000ルーメン 【4K】 〇 【光源】 水銀ランプ
【入力端子】 HDMI〇 D-sub15ピン× DVI× RGB×

dreamio EH-TW7100 の最安値は!?

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

CinePrime HT3550(BenQ)

おすすめのポイント

BenQ(ベンキュー)の製品です。
BenQは台湾を拠点とした家電メーカーなのですが、日本ではパソコン用の液晶モニターが人気です。液晶モニターと同じく映像機器としてプロジェクターも開発しました。

細長い四角形の形状なのですが、静かなカーブがあるので洗練されたデザインで高級感を感じます。

他社品に比べて明るさが少し弱いので、出来れば家電量販店などで映像の質と明るさを確認され、納得してから買われることをおすすめします。スペック上は数値的に劣りますが、 実際に映像を見たらきれいで明るい です。

スマートエコモードでランプは1万5000時間使えるのですが、OFFにすると4000時間になってしまうので、ここも事前に映像と明るさの差をチェックしておいた方が良いでしょう。

ファンは付いているのですが、 比較的音が静か で使っていてあまり気になりませんので、神経質だという方にもおすすめのプロジェクターです。

CinePrime HT3550 のスペック

【型番】 CinePrime HT3550 【メーカー】 BenQ 【発売日】 2019年 5月
【最大輝度】 2000ルーメン 【4K】 〇 【光源】 水銀ランプ
【入力端子】 HDMI〇 D-sub15ピン× DVI× RGB×

CinePrime HT3550 の最安値は!?

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

最新人気 プロジェクター トップ10

◆ 先頭へ 【 おすすめ プロジェクター 売れ筋ランキング TOP10