おすすめの人気機種 ブルーレイレコーダー(2TB)

最新 ブルーレイレコーダー 2020年-売れ筋ランキングトップ10

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.DMR-2X200(DMR-2CX200)(パナソニック:HP
 2020年3月 5-7万価格比較
2.DMR-2W200(DMR-2CW200)(パナソニック:HP
 2020年7月 5-6万価格比較
3.DMR-BRW2060(パナソニック:HP
 2020年2月 4-6万価格比較
4.2B-C20CW1(シャープ:HP
 2020年2月 4-5万価格比較
5.DMR-4W200(DMR-4CW200)(パナソニック:HP
 2019年7月 5-7万価格比較
6.2B-C20CT1(シャープ:HP
 2020年2月 5-6万価格比較
7.2B-C20CT4(シャープ:HP
 2020年4月 5-6万価格比較
8.BDZ-FBW2000(SONY:HP
 2019年11月 6-7万価格比較
9.BDZ-FBT2000(SONY:HP
 2019年11月 7-8万価格比較
10.DBR-W2009(東芝:HP
 2019年6月 4-5万価格比較

<選び方> ⇒ ブルーレイレコーダーの選び方と比較ポイント

ブルーレイレコーダー2TBの選び方

ブルーレイレコーダーを買う時は、まず、 4K対応かどうかをチェック しましょう。テレビが4K対応の場合は、映像がきれいなので、レコーダーが2Kにしか対応していない場合、録画したものの映像の劣化に不満を持つことが多いです。

現在のライフスタイルを考えると、リアルタイムでテレビを見るよりも録画してみることの方が多いのではないでしょうか。そのため、4K対応であるかは最も重要なのです。

次に、対応するメディアをチェックしましょう。お子さんの運動会動画やお気に入りのドラマをブルーレイに録画することを考えている場合は、ブルーレイだけではなく、 Ultra HDブルーレイ にも対応している方が良いでしょう。4K放送をブルーレイに録画する場合は容量が足りません。

4K放送をそのままブルーレイに焼くと1時間30分しか録画できないのです。ドラマの場合はCMを外しても2話入るかどうかという長さです。色々細かいことを省いて分かりやすく説明すると、ブルーレイは25GBの容量、Ultra HDブルーレイは66GB~100GBの容量があるのです。ざっくり言うと、 容量が4倍 なので、4Kの映像も劣化することなく保存できるのです。

おすすめ人気 ブルーレイレコーダー2TB:ピックアップ&レビュー

※価格は2020年9月時点

DMR-2X200(DMR-2CX200)(パナソニック)

【価格の推移】
2020年3月:5-7万 ⇒ 2020年9月:5.6-7万

価格はほとんど変わりないようです。パナソニックは独特の展開をしていて、DMR-2X200とDMR-2「C」X200は 仕様的に全く同じもの です。 家電量販店用とネット通販用 で分けているようですが、「C」がない方が価格的には安く手に入りそうなので、「C」付きの方はカッコでお知らせしています。

Ultra HD ブルーレイ非対応、4K非対応の機種です。3番組まで同時録画できます。ドラマなどの録画の場合に重宝します。

便利な使い方として、 6番組16日分を全番組録画 することができます。後になって「あの番組は見たかった!」と言う時に時間をさかのぼってみることができます。

HDDの容量は2TBで録画可能時間は、地デジで254時間です。

VODサービスという ネット動画を見る機能も充実 しています。Netflix、Prime Video、Huluなどメジャーなサービスには対応していますが、YouTubeには対応していないので、注意が必要です。

DMR-2X200 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

DMR-2W200(DMR-2CW200)(パナソニック)

【価格の推移】
2020年7月:5-6万 ⇒ 2020年9月:4.9-5.7万

価格は少し安くなった傾向があります。こちらもDMR-2W200とDMR-2「C」W200は同じものだと考えても問題ありません。

Ultra HD ブルーレイ非対応4K非対応 の機種です。2番組まで同時録画できます。ドラマの録画を考えたら、概ね十分な量ではないでしょうか。

ごくまれに3局同時におもしろいドラマを放送していることがあるので、その時は1つだけリアルタイムで見るか、あとで、ネット動画で見ると良いでしょう。

HDDの容量は2TBで録画可能時間は、地デジで254時間です。これだけ録画できれば、まず 全部見ることは出来ないほどの量 だと言えます。足りないという事はないでしょう。

VODサービスは非対応です。ネット動画はどちらにしても録画できませんので、VOD機能がお手持ちのテレビについていれば問題ないでしょう。

色々と目新しい機能はありませんが、比較的 価格が安い 機種となっています。

DMR-2W200 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

DMR-BRW2060(パナソニック)

【価格の推移】
2020年2月:4-6万 ⇒ 2020年9月:4.4-6.2万

価格はあまり変わりないようです。Ultra HD ブルーレイ非対応、4K非対応の機種です。2番組まで同時録画できます。HDDの容量は2TBで録画可能時間は、地デジで254時間です。

面白いのは、あまり話題にはなりませんでしたが、 ハイレゾ対応 です。従来よりも高音質な音声を楽しむことができます。

VODサービスとして、アクトビラに対応しています。注意すべきこととしては、アクトビラは2020年9月30日でいったん終了して、NHKオンデマンドだけになります。セキュリティの高い新サービスが始まるようなので、随時切り替わっていくようです。

ちなみに、DMR-BRW2060は、既に 生産終了品 なので、手に入れたい場合は市場に出ているのみとなります。

価格が安くなっていきやすいはずなので、価格も引き続きチェックしていくことをおすすめします。

DMR-BRW2060 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

2B-C20CW1(シャープ)

【価格の推移】
2020年2月:4-5万 ⇒ 2020年9月:4-5.3万

価格はあまり変わりないようです。Ultra HD ブルーレイ非対応、4K非対応の機種です。2番組まで同時録画できます。

HDDの容量は2TBで録画可能時間は、地デジで254時間です。録画時間は、映像方式によって容量が異なるので、各社異なることが多いです。シャープとパナソニックはたまたま同じなので、比較しやすくて良いですね。

VODサービスは、 アクトビラとTSUTAYA TVに対応 しています。上記でもお知らせしたとおり、アクトビラは2020年9月にサービスが終了しますので、注意が必要です。

TSUTAYA TVはかなり便利で、今まで レンタルビデオを借りに行っていた場合は、楽になります 。まずは、ビデオを借りに行かなくてよくなりますし、返却に行く必要もありません。貸し出し中で見れないという事もないので、良いことばかりです。

2B-C20CW1 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

2B-C20CT1(シャープ)

【価格の推移】
2020年2月:5-6万 ⇒ 2020年9月:4-5.9万

価格は1万円くらい安くなりました。発売からまだ7か月しか経過していないのにこんなに 価格が下がっている のならば、ねらい目かもしれませんね。

Ultra HD ブルーレイ非対応、4K非対応の機種です。 3番組まで同時録画 できます。ドラマなどごくまれに3局同時に録画したい時がありますからね。この機種ならば安心です。

HDDの容量は2TBで録画可能時間は、地デジで254時間です。

VODサービスは、アクトビラとTSUTAYA TVに対応しています。上記でもお知らせしたとおり、アクトビラは2020年9月にサービスが終了しますので、注意が必要です。

なお、上記の2B-C20CW1との違いは、チューナーの数です。上記は2番組同時録画ですが、この2B-C20CT1は3番組まで同時に録画できる点が違います。

お店によっては、両機種とも同価格 で売られていますので、それならば2B-C20CT1の3番組同時録画できる方を選ぶのが良いでしょう。

2B-C20CT1 の最安値は? ⇒ 価格比較

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

おうちクラウドディーガ DMR-4W200(パナソニック)

おすすめのポイント

おうちクラウドディーガ DMR-4W200 (パナソニック)
HDD(ハードディスク)の量が同じでもデータの処理の方法が違うので、メーカーによって録画時間が若干異なります。この製品は、4Kで130時間、ハイビジョンで254時間、録画できます。

3番組まで同時録画できるので、もしあなたが人気があるドラマを録画するとしても同じ時間にあるドラマも3つまで録画することができるので困ることはないので、見たい番組が多い人におすすめです。

この機種の特徴としては、 おうちクラウドディーガ と名付けられた人気の機能です。

写真や動画、音楽が本体に録画することができるのは当たり前で、 スマホから録画の設定や、見ることもできる機能 です。

録画することを忘れて家を出てしまった場合 でも、あなたが通勤している途中で(例えば電車の中で) スマホで録画の設定 することができるので忘れっぽい人にもおすすめです。

しかも、スマホで映像も見ることができるので、旅行中にも録画した映像を楽しんだりすることもできるのでDMR-4W200は人気があります。

おうちクラウドディーガ DMR-4W200 のスペック

【画質】 4K 【HDD容量】 2TB 【外付けHDD】 〇
【録画時間(目安)】 HD:254時間  4K:130時間
【チューナー】地デジ:3 BS:3 CS:3 BS4K:2 CS4K:2

おうちクラウドディーガ DMR-4W200 の最安値は?

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

REGZAブルーレイ DBR-W2009(東芝)

おすすめのポイント

この製品はハイビジョンで259時間録画できます。

2番組まで同時録画できるので、もし人気のドラマを録画しようとしたら、お住いの地域によっては、月曜日9時は注意が必要です。3番組同時録画したい時があるかもしれませんからね。

その代わり、この機種では、 録画した番組をスマホで見ることができる だけではなく、 時短再生 することができておすすめです。

キーワード で関連のある人気番組を 自動録画 したり、ブルーレイに好きなところだけ録画したり、見たい時間内に番組を再生したりと、色々な時短が準備されています。

ということでDBR-W2009は忙しい毎日を過ごされている方におすすめの機種です。決まった時間内で何かが出来るのは嬉しいですよね。

時短と言うのは、新しい価値観かもしれません。

REGZAブルーレイ DBR-W2009 のスペック

【画質】 HD 【HDD容量】 2TB 【外付けHDD】 〇
【録画時間(目安)】 HD:259時間
【チューナー】地デジ:2 BS:2 CS:2

REGZAブルーレイ DBR-W2009 の最安値は?

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

BDZ-FBT2000(SONY)

おすすめのポイント

BDZ-FBT2000

この製品は、4Kで130時間、ハイビジョンで260時間、録画できます。

3番組まで同時録画できるので、もしあなたが人気ドラマを録画するとしたら同じ時間にあるドラマも3つまで録画することができるので、まず困ることはないのでドラマ好きの方にもおすすめです。

この機種は、レコーダーのイライラを解消してくれている製品と言えます。その一つが、番組表です。

表示したり、移動したりするのは時間がかかると言うか、ボタンを押してからワンクッション置いてから反応する機種がほとんどでした。

この機種では、 番組表のスクロール速度が2倍以上 になっていて人気となっています。

さらに、4K放送(BS/CS)で2番組+ハイビジョン(地デジ/BS/CS)3番組が撮れるので、 4Kを含めて同時に3番組録画 することができるのでおすすめです。

BDZ-FBT2000 のスペック

【画質】 4K 【HDD容量】 2TB 【外付けHDD】 〇
【録画時間(目安)】 HD:260時間  4K:130時間
【チューナー】地デジ:3 BS:3 CS:3 BS4K:2 CS4K:2

BDZ-FBT2000 の最安値は?

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

最新人気 ブルーレイレコーダー(HDD:2TB) トップ10

◆ 先頭へ 【 おすすめ ブルーレイレコーダー(2TB) 売れ筋ランキング TOP10