今すぐ ノートパソコン の購入を検討中の人におすすめ人気機種は!?

おすすめの人気ノートパソコン:2020年8月更新

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.SurfacePro7 VDV-00014
 (マイクロソフト:HP
 2019年10月 11-13万価格比較
2.Surface Laptop3 VGZ-00018
 (マイクロソフト:HP
 2019年10月 15-17万価格比較
3.ideapad D330 81H300EVJP
 (Lenovo:HP
 2019年10月 4-6万価格比較

ベスト10まで確認
おすすめ理由と価格比較:ノートパソコン【 売れ筋ベスト10 】

ノートパソコン レビュー&選ぶときのポイント

いまノートパソコンを買う時は、特に注意が必要です。それは、昔と違って、選択肢が多いからです。パソコンだけではなく、タブレットやスマホともぶつかるような時代です。

パソコン同士でも、 デスクトップPCよりも高性能なノートPCがたくさん出ています 。色々なところとぶつかるので、選び方はとても重要と言えます。

たくさんある選択肢の中から、特に5つをピックアップしました。以下を読み進められ、ノートパソコン選びの時の参考にされてください。

ノートパソコンを選ぶ時のポイント5つ

・用途を考える
・タイプを選ぶ
・OSを決める
・CPU/RAM
・HDD

それぞれ詳しくレビューしますね。

■ノートPCの用途を考える

ノートパソコンを選ぶ時は、まずは用途を考えましょう。例えば、 出張で移動中仕事をする としたら、 新幹線を使う場合は、10~13インチくらい の小さいノートPCがおすすめです。

飛行機 の場合は、もっと小さい画面の物が良いでしょうから、 10インチ ぐらいのノートパソコンを選ぶようにした方が作業しやすいです。

例えば、作業はなく単に動画を見るだけならば、8インチくらいのノートPCでも十分です。

会社内でも移動が多い場合 は、出来るだけ軽いノートパソコンが良いでしょうし、プレゼンが多い様ならば 画面とキーボードが分かれる人気のタブレット型PC だと持ち運びが楽で軽いのでおすすめです。

一方、趣味で使う場合は、画面が大きい方が使いやすいのでおすすめです。家の中ではそれほど色々と持ち歩かないと思われます。ただ、たまに持ち歩いたりする場合は、割り切りが必要です。

そこで、画面は小さいものを選んでおいて、別にパソコン用モニターを買っておき、普通使うのはモニターで表示させ、出かけて使う時だけノートパソコンの画面を使うという使い方もおすすめです。

HDMIケーブルを1本買っておくだけで、 大きな画面と小さな画面を使い分ける ことができるので、このような使い方もおすすめです。

■ノートPCのタイプを選ぶ

一言でノートパソコンと言っても、従来からあるノートパソコンだけど、 画面と本体が分かれるタイプ 、最近人気のタブレットPCにキーボードが付いている 2in1タイプ のノートパソコン、画面とキーボードが360℃まで開いて本体とキーボードが分かれる事はないけれど、 タブレットみたい に使えるノートPCと色々な種類があります。

あなたが決めた用途に合っているかイメージしてみて選ばれることをおすすめします。

■ノートPCのOSを決める

OSも一昔前まで、Windowsを選べば良かったのですが、最近では選択肢が多くなっています。

もちろん、従来通りWindowsでも良いのですが、スマホでiPhoneを使っている場合は、データを共有したいと思ったら、iPadやMac bookの方が、円滑だったりするので、 iPhoneユーザーにはMac Book が人気です。

スマホを使い慣れた人 は、ノートパソコンでもOSに Android を選ぶのもおすすめです。仕事にも使うとしても、ワードやエクセル程度ならば、Androidでも十分です。

ちなみに、ワードやエクセルなどのオフィス系のアプリは、画面サイズで10.1インチ以下の物は モバイル版が無料 で使えるのでおすすめです。13インチだとライセンスを買う必要があり、余計に費用が掛かってしまうことがあるので、ご注意ください。

■ノートPCに搭載されたCPU/RAM

CPUやRAMも重要と言えます。CPUは、人間で言えば脳みそです。「クロック数」など数字がありますが、この数字が大きいほど頭が良い、と言うことになります。

ただ、最近ではどのノートPCも優れた性能なので、そこまで重要視する必要はなくなってきています。

RAMの方は、人が作業することに例えると、机の広さにあたります。広い机の方が、作業性は良いので、パソコンだってサクサク動きますので、 RAMが大きい機種 をおすすめします。

RAMも数字が大きいほどいいのだけれど、その分高くなってしまいます。動画を見るくらいならばRAMは2GBもあれば十分でしょう。

エクセルやワードを使ったり画像を編集したりするのならば、RAMが4GB以上の機種がおすすめです。

動画編集をしたり本格的にゲームをする人には、RAMを6GB以上搭載したノートPCが人気です。

■ノートPCに内蔵されたHDD/SSD

ハードディスク(HDD)は、作業に例えると、引き出しの広さです。広い引き出しがあった方がたくさんの資料を手元に置いておくことができ、効率よく作業ができるので、パソコンで大量のデータを扱う人はHDD容量が大きい機種をおすすめします。

SSDもHDDと似ていますが、機構が違うものでデータの保存機構であることは同じです。

最近人気のSSDは壊れにくいので、 資金に余裕がある方はSSDを搭載したノートパソコンをおすすめ します。ただし価格はHDD搭載の安いものと比べると、同じ機種でもかなり高いです。

最近のノートパソコンなら、少なくともHDD及びSSDの容量は250GBとくらいはあるでしょう。HDDであれば500GBでも価格はほとんど変わらないので、大きな容量の方が良いでしょう。

HDD自体は安いので1TB、2TBでも価格はそんなに変わりません。わずか数千円で容量が増えるのならば、大き目の容量の物を買っておいた方が、長く使うことが出来のでHDD容量が大きい機種をおすすめします。

壊れにくくて人気があるSSDですが、容量が増えるとかなり価格が高くなるので、SSDの容量は250GB程度にして、OSや大事なデータはSSDに、その他のデータはポータブルHDD等でバックアップを取っておくことをおすすめします。

おすすめ人気ノートパソコン3選

ノートパソコンのおすすめ最新人気機種ベスト3 ⇒ 先頭へ