今すぐ スマートウォッチ の購入を検討中の人におすすめ人気機種は!?

おすすめの人気 スマートウォッチ:2020年8月更新

1.HUAWEI Band 4 Pro(HUAWEI)
Amazon・楽天・Yahoo!で 価格比較
2.Apple Watch Series 5 GPSモデル 44mm スポーツバンド(Apple)
Amazon・楽天・Yahoo!で 価格比較
3.Fitbit Versa 2(Fitbit)
Amazon・楽天・Yahoo!で 価格比較

おすすめの理由と価格比較:スマートウォッチ【 売れ筋ベスト10 】

スマートウォッチ レビュー&選ぶときのポイント

スマートウォッチは、 ウェアラブル端末 (身に付けるコンピューター)の 代名詞 として出現しました。

スマートウォッチを選ぶ時は、「何に使うか」で選ぶ機種が変わってくるのですが、現状では「何に使えるのか」があまり明確ではありません。

このページでは、他のサイトがあまり案内できない「どんなことに使えるのか」も含め、スマートウォッチを選ぶ時のポイントについてもレビューしたいと思います。

■歩数計/移動距離

まずは、「何に使えるのか」について、レビューしていきたいと思います。

一番単純で人気がある使い方は「 歩数計 」です。簡単に言うと、歩いた歩数をカウントしています。

昔から歩数計はあったのですが、意外とリセットするのを忘れて、 カウント が今日の分なのか昨日の分なのか 分からなく なってしまっていました。

スマホにも歩数計はあるのですが、家にいるときや、会社や学校でも、ちょっとトイレに行くときなどスマホを置いて移動することがあります。そのため、正確な歩数はカウントしにくいのです。

その点スマートウォッチならば、常に身に付けていますので、正確な歩数をカウントできるという訳です。しかも、 日付ごとにカウントするのは自動 でやってくれますので、思い出したころに見てもきちんと記録されているのです。

毎日歩数をしっかり計測したいという方には、スマートウォッチがかなりおすすめです。

移動距離だけではなく、階段で何階分上って、下りたかもわかるような機種もあり、人気があります。

高級スマートウォッチでは GPS搭載 が多くなっています。

■心拍計

心拍計 」も昔からあるのですが、ウェアラブルだからこそできることとして、フィットネスとの融合です。

フィットネス界では、 あるきまった心拍数の時に一番脂肪が燃えやすい というのがあるのです。心拍数が上がり過ぎてもダメで、下がり過ぎてもダメなのです。

そこで、運動中に心拍数が上がり過ぎたらアラームを鳴らし、少しペースダウンをするように知らせ、心拍数が下がり過ぎてもアラームが鳴り、ペースを上げるように知らせます。

これにより、 効果的な運動ができる ようになっているので、趣味でランニングをされているという方にも、スマートウォッチがおすすめです。

■防水

「防水」機能もあった方が良い人気の機能です。

顔を洗うとか、風呂に入るとか、日常生活で常に身に付けておけるかどうかだけではありません。 防水機能 があることで 水泳 などのフィットネスの時にもスマートウォッチの恩恵にあずかれるのです。

ダイビングなどをされる場合以外は、5ATM(5気圧、5mまで浸水可能)程度で十分と言えますが、雨など気にしなくていいように防水機能のついたスマートウォッチをおすすめします。

■睡眠

機種によっては 「睡眠」カウント ができるようになっています。

寝ている時間や睡眠の深さをカウントできるので、歩数計や心拍計と合わせて、健康管理アプリの元データとなり、より正確にあなたの健康について記録してくれます。

あまり寝てもスッキリしないなど、睡眠の質が気になっている方にもスマートウォッチがおすすめです。

■決済

ウェアラブル端末としてのスマートウォッチの新しい価値の一つに 決済機能 があります。 交通系ICカードやID などの決済機能が使えて、人気の機能となってます。

コンビニやスーパーなどでスマートウォッチを使って、決済できるのです。

財布やスマホを持たずに出かけることができるので、これまでの生活が変わってきます。特にランニングの時などは、財布などを持って出かけたくないので、スマートウォッチは有益だと言えますので、ランニングが趣味の方には、やはりスマートウォッチがかなりおすすめですね。

■バッテリー

考えておかないといけないのは、バッテリーです。

ほとんどが専用バッテリーで内蔵バッテリー です。つまり、乾電池などを交換することは出来ません。

バッテリーの容量は、〇mAhなどの単位で電池の容量を表しています。

数値が大きい方が電池の容量が大きいので、長持ちしそうなのですが、スマートウォッチがどれくらい電池を使うかもあるので、単純に容量だけでは判断できません。

サイトの仕様表などから何時間待機できるかなどを参考にして 充電がどれくらい持つのかも調べておきましょう

毎日充電するのは面倒ですし、最低限1日は持つような製品でないと持って回るのがおっくうになるので、なるべく1日以上電池が持つスマートウォッチをおすすめします。

おすすめ人気 スマートウォッチ3選

スマートウォッチのおすすめ最新人気機種ベスト3 ⇒ 先頭へ