おすすめの人気機種 スピーカー

最新 スピーカー 2020年-売れ筋ランキングトップ10

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.NS-BP200(ヤマハ:HP
 2010年10月 0-1万価格比較
2.MENUET SE(DALI:HP
 2020年3月 15-20万価格比較
3.STAGE A120(JBL:HP
 2018年7月 1-2万価格比較
4.SA-Z9R(SONY:HP
 2018年6月 2-3万価格比較
5.OBERON1 DW(DALI:HP
 2018年9月 4-5万価格比較
6.NS-BP401(ヤマハ:HP
 2015年11月 2-3万価格比較
7.STAGE A130(JBL:HP
 2018年7月 2-3万価格比較
8.NS-SW050(ヤマハ:HP
 2016年9月 1-2万価格比較
9.SC-M41-CW(DENON:HP
 2017年6月 1-2万価格比較
10.GOLD 5(TANNOY:HP
 2019年11月 2-3万価格比較

<選び方> ⇒ 最新スピーカーの選び方と比較ポイント

おすすめ人気 スピーカー3選:ピックアップ&レビュー

NS-BP200(ヤマハ)

おすすめのポイント

ヤマハのステレオタイプのブックシェルフ型の人気スピーカーです。

2WAYで85dbまで音が出ます。ヤマハの製品なので信用度も高くおすすめのスピーカーです。

40Wまで対応していて、 周波数帯域55Hz~80KHzと幅広い です。

デザイン的にはシンプルで、色も真っ黒なので部屋の基調が黒だったらかなりマッチすると思いますので、部屋がダーク系な方にはおすすめのスピーカーです。

奥行きが30cmくらいあるので(154x274x287 mm)台等の上に置いたら、スピーカーの前に小物を置いたりすることは出来なくなりそうです。

とはいえ音にこだわる方は、スピーカーの前に物を置くことはないでしょうから、特に問題ないと思われます。

音の印象は、 中音が快適で心地よく歯切れがいい 印象で人気があります。

澄んだ音と言うか、テレビやラジオのスピーカーと比較してしまったら、もう戻れないくらいの印象です。海外製でもここまでの物は中々ないと思いますので、超おすすめのスピーカーです。

一方で、高音と低音は若干物足りなさを感じます。ここは、人によって印象が違うと思います。

また、物足りないと言っても、比較対象が高額製品との比較になるので、価格が安いことを考えると十分な性能だと言えますので、自信を持っておすすめできます。

NS-BP200 のスペック

【型番】 NS-BP200 【メーカー】 ヤマハ 【発売日】 2010年10月
【タイプ】 ステレオ 【形状】 ブックシェルフ型 【本数】 2台1組
【WAY】 2WAY 【出力音圧レベル】 85 db 【許容入力】 40 W
【インピーダンス】 6 Ω 【再生周波数】 55Hz~80KHz

NS-BP200 の最安値は!?

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

SA-Z9R(SONY)

おすすめのポイント

SONYの人気スピーカー製品です。

当然日本のメーカーで、かなり音にこだわりを持つメーカーの一つです。そう言えば、世界で大ヒットしたウォークマンもSONYの製品ですね。

サイズは、100x155x100 mmで1㎏と コンパクト な上に、 軽い です。

小型コンパクトなのですが、テレビのスピーカーとは一味違った音が楽しめます。映画を見ると 映画館のような臨場感 を感じられるので、映画好きの人におすすめのスピーカーです。

中音はどちらかと言うと、リアから聞こえてきます。低音もウーハーがきいていて、響く印象を受けます。ぱっと見、小さいスピーカーなので、ここまでの能力があるとは予想できない大胆なくらいの良い音が聞けて人気があります。

他社品と比較すると 価格が少し高い ので、コスパを求める方用と言うよりは、 コンパクトで良い音を求める方 におすすめのスピーカーだといえます。

SA-Z9R のスペック

【型番】 SA-Z9R 【メーカー】 SONY 【発売日】 2018年 6月
【タイプ】 サラウンド(リア) 【形状】 壁掛け対応 【本数】 2台1組

SA-Z9R の最安値は!?

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

STAGE A130(JBL)

おすすめのポイント

ステレオタイプのブックシェルフ型の人気スピーカーです。JBLの製品です。

2WAYで86dbまで音が出ます。元々アメリカの企業でしたが、現在ではハーマン・インターナショナルの人気ブランドなので、韓国のサムスン電子の子会社と言うことになります。

40Wまで対応していて、周波数帯域は55Hz~40KHzと幅広いです。デザイン的にはすっきりしていて、シンプルで人気があります。

木目を基調 としているので、どんな部屋にもマッチするのでおすすめです。黒と木目のツートンと言う印象なので、スタイリッシュな中にも高級感があって人気があります。

サイズは上記のヤマハ製品より一回り大きいサイズ(190x321x245 mm)です。音は、どちらかと言うと、 低音が得意 な印象です。こもった音か乾いたとかと表現するなら、乾き気味の音という印象です。

スピーカーは、単体の能力も重要ですが、 アンプの要素も大きい です。

アンプによって印象ががらりと変わってしまいます。音質はどれが良い、どれが悪い、というものではないので、ぜひ一度試してみることをおすすめします。

STAGE A130 のスペック

【型番】 STAGE A130 【メーカー】 JBL 【発売日】 2018年 7月
【タイプ】 ステレオ 【形状】 ブックシェルフ型 【本数】 2台1組
【WAY】 2WAY 【出力音圧レベル】 86 db 【許容入力】 -
【インピーダンス】 6 Ω 【再生周波数】 55Hz~40kHz

STAGE A130 の最安値は!?

Amazon・楽天・Yahoo! 等で 【 通販まとめて検索 】 ⇒ 価格比較

最新人気 スピーカー トップ10

◆ 先頭へ 【 おすすめ スピーカー 売れ筋ランキング TOP10