今すぐ コーヒーメーカー の購入を検討中の人におすすめ人気機種は!?

おすすめの人気 コーヒーメーカー:2020年8月更新

製品型番・メーカー・発売日・価格の目安・まとめ検索
1.NC-A57(パナソニック:HP
 2018年9月 2-3万価格比較
2.マグニフィカS ECAM23120
 (デロンギ:HP
 2016年10月 7-8万価格比較
3.ADC-A060-TD(タイガー魔法瓶:HP)
 2018年11月 0-1万価格比較

ベスト10まで確認
コーヒーメーカー【 売れ筋ベスト10 】

コーヒーメーカー レビュー&選ぶときのポイント

コーヒーメーカーは ここ数年でかなり進化 した人気の生活家電の一つです。

例えば、洗濯機は、戦後ほとんど変わりませんでしたが、今でも人気の斜めドラムが出るなど新しい種類の洗濯機が登場しました。

掃除機も、戦後ほとんど変わりませんでしたが、ダイソンの登場により吸引力という新しいセールスポイントが人気を博しました。

コーヒーメーカーも変わりました

これまでは、豆と水をセットしたら、自動でお湯を沸かして、コーヒーを自動で入れるのがコーヒーメーカーでした。

便利な反面、掃除が大変で総合的に考えたら、手動でドリップした方が手軽だったりしました。

その証拠に社会人になって、一人暮らしを始めた人が買う家電の上位にコーヒーメーカーがありますが、購入後1か月間も使い続けることはないという人も多い物でした。

リサイクルショップに行っても、ほとんど新品が安い価格で置かれているので、わざわざ新品に高いお金を出して買うようなおすすめ商品ではなかったのです。

ところが、某社が 豆をフィルターとセットにして、使い捨てるという新しいスタイル を持ち出し、そこから 人気に火が付きました

一見あまりこれまでとの違いを見出しにくいのですが、会社などでは大きく違うのでした。掃除する人が要らなくなったので人気が出たのです。

セットも簡単、片付けも捨てるだけで簡単 なので、面倒くさがりの方にもおすすめです。

会社で使い慣れてくると、同じものが家庭にあったら便利だと、家庭用の人気も盛り返してきたのです。

使い捨て以外のコーヒーメーカーも、だんだん手軽にコーヒーを作れて、掃除も簡単になってきたので最近は人気が復活してきています。

基本的に日本人はコーヒーが好きなので、 家庭で簡単に美味しいコーヒーが飲める のならば、需要はかなり高いので、コーヒー好きの人には一家に一台コーヒーメーカーをぜひおすすめします。

この話の中にも既にポイントはいくつかあったのですが、失敗しないコーヒーメーカーを選ぶ時のポイントをレビューしたいと思います。

コーヒーメーカーを選ぶ時のポイント
・こだわり
・手軽さ
・サイズ
・ランニングコスト

このくらいをおさえておけば大丈夫です。

■こだわりポイント

コーヒーメーカーならではという項目かもしれません。このコーヒーメーカーじゃないといけない、というこだわりの部分です。

例えば、あるメーカーの製品は、コーヒーミルの刃にこだわりがあります。従来よりも細かい粉末にすることができるので、美味しいコーヒーが作れると人気なのです。

そこに魅力を感じたのならば、他社品を選ぶことができません。少なくとも、同様に刃にこだわりのある製品を選ぶしかないのです。

ある商品は、コーヒーが入るまでの時間が短いです。忙しい朝にすぐにコーヒーが入ることに魅力を感じたとしたら、他の製品では代わりが利きません。朝ギリギリまで寝ているという人には、このようなコーヒーメーカーがおすすめです。

色々な製品があるので、それぞれの特徴を見て、 ご自分の「こだわりポイント」 を選んでみてください。

■手軽さ

実は、上記の「こだわりポイント」と真逆の価値観かもしれません。こだわるポイントは、実は、面倒くさいポイントでもあります。

日々コーヒーメーカーを使うので、 手軽なものが人気 です。

許容できる こだわりポイント と、 手軽さ と、 両方があなたにマッチする物 を選ぶことをおすすめします。

■サイズ

コーヒーメーカーは買ったら、必ず置き場が必要です。毎日使う場合は、 固定した置き場 があった方が良いでしょう。

ところが、キッチンを考えてみると、一人暮らしだろうと、家族暮らしだろうと、意外とスペースはありません。

コーヒーメーカーの場合、目線よりも低い位置にある必要があるのですが、床に置くわけにはいきません。電子レンジやトースターと同じような位置になるので、場所がないのです。

置く場所をしっかり決めてから購入 されることをおすすめします。

■ランニングコスト

コーヒーメーカーは必ずランニングコストがかかります。一番コストがかかるのが豆です。コーヒー豆の価格が意外と高いです。

インスタントコーヒーは価格が安いのですが、こだわりポイントがありません。

風味良く、美味しく、手軽に、と考えると、 専用の豆 が人気ですがコストが上がっていきます。

コストをおさえようと手動でドリップしても、フィルターや豆は必ず必要です。

どこまで許容できるかは、あなたのお財布次第なので、 価格とこだわりのバランスを考えて購入 されることをおすすめします。

おすすめ人気 コーヒーメーカー3選

コーヒーメーカーのおすすめ最新人気機種ベスト3 ⇒ 先頭へ