緑色は目の疲れ、精神安定、心臓に効果

緑色と言うと どんなことを思い出しますか?

やはり、安心感を感じたり、安定感を表現したり、または自然の色 今だとエコを感じる、なんて意見もあるかもしれません。

実際の緑色は中間色といわれる色で、その緑色の周囲にある色によって 緑色の意味も変わってくるんだそうです。

確かに緑の横に赤がある時と 緑の横に黄色があるときを想像してみると ちょっと印象が違いますよね。

緑色の心理的な効果は 目の疲れに効果的なので、目の疲れを感じるときは木々を見るとよい、とされていますね。 精神的な鎮静効果、リラックス効果や緊張状態の緩和などの効果もあるので、緊張するときは緑色を見るとよいかもしれません。

精神的に疲れたりしたときには お風呂に緑色の入浴剤を使ったりすると違うかもしれませんね。 緑色は見た目のとおり、自然なものとの関係性がとても強いんだそうです。 また、見ることによってからだのバランスをとってくれるのが緑色なんだそうですよ。

また、バランスを取るということでは、精神的なバランスをとってくれたりするので 職場に観葉植物など緑色を置いておくと精神的にも安定するんだそうです。

また面白いのが緑色は心臓との関係性が深く、緑色を見ることで心臓や血圧のバランスを 整えてくれることもできるんだそうです。

タグ

カテゴリー:

このページの先頭へ